これは名機の予感!デジモノ付録のコラボSIMも使えるモバイルPC『VAIO S11』

通信環境まで備えたこれぞ“真”のモバイルPC

モバイルノートPCは数多くあるが、LTEに対応したモデルとなると急激に数が減り、さらにSIMロックフリーとなるとほとんどないのが現状。そんな稀有なモデルの1つとして登場したのが『VAIO S11』だ。

第6世代「Core i」やフルHD液晶の採用といったスペック面も充実しているが、それ以上に魅力的なのが、歴代のVAIOで培われてきた技術が惜しげもなく投入されていること。高度な放熱設計による安定動作、満員電車での圧迫にも耐える堅牢性、タイプ音の静かなキーボードなど、例を挙げればきりがない。

もちろん今までの技術だけでなく、ディスプレイやHDDなどの周辺機器も接続できるUSB Type-Cを搭載するなど、進化も忘れていない。これまでの集大成とも言える『VAIO S11』。本物のモバイルPCを探しているなら、必ずチェックしておくべき製品だ。

どこへでも持ち歩ける軽さいつでもつながる快適さ

VAIO
VAIO S11
実勢価格:17万2580円

20151228_VAIO_001

第6世代Coreを搭載しながら、約940gという軽さを実現したモバイルノート。充実のインターフェイスも魅力で、USB 3.0×2や有線LAN、アナログ映像出力、さらに「Thunderbolt 3」対応のUSB Type-Cまで搭載している。

SPEC
サイズ:W284.0×H16.4〜19.1×D190.4mm 重量:940g インターフェイス:USB 3.0×2、USB Type-C×1(Thunderbolt 3兼用)、SDカードスロットなど 通信機能:無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠)、Bluetooth 4.1、無線WAN(3Gバンド1/19対応、LTEバンド1/3/19/21対応) バッテリー駆動:約15時間

20151228_VAIO_002
▲LTE/3G通信に対応。データ通信用のSIMを挿せば、テザリング不要でネットにつながる。

20151228_VAIO_003
▲重量は実測で926g。11.6型クラスの中でも軽めで、気軽にカバンに入れて持ち歩ける。

20151228_VAIO_004 20151228_VAIO_005
▲USBを左右に振り分け機器がぶつからないよう配慮されている。USB Type-Cも装備。

20151228_VAIO_006
▲各キー独立タイプのキーボード。キートップにコーティングを施し、摩耗に強いのも○。

VAIOオリジナルのデータ通信プランも用意

普段は無制限の200kbps、大きなファイルダウンロード時などは150Mbpsと、速度を切り替えて使える独自データプランを用意。年間契約なので手続きも簡単だ。

20151228_VAIO_008

20151228_VAIO_007
▲専用ユーティリティで高速通信の残量を確認できる。また、無制限の200kbpsと高速通信の150Mbps、通信モードの切り替えも可能だ。

 

文/宮里圭介 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2016年2月号より抜粋

関連サイト

VAIO『VAIO S11』製品紹介ページ

 

関連記事

今月のデジモノはSIMが付いて、セイラ、ハモン、キシリアがメガネをかけます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

関連記事

注目記事

[PR] おすすめ記事