【レビュー】煮込み調理に革命を起こす『ヘルシオホットクック』

必要に応じて食材をまぜながら煮る電気無水鍋という新しい提案

『ヘルシオホットクック』は、食材をセットしてボタンを押すだけで自動的に煮込んだり、蒸すことができる電気鍋。最大の特徴は、上蓋をしっかりと閉めることで、食材から出てくる水分を使った無水調理ができるということ。調味料と野菜類から出る水分だけでカレーや肉じゃがなどが作れる。また、もうひとつの特徴がまぜ技ユニットを搭載し、ただ煮込むだけでなく、メニューに応じて、食材を混ぜ合わせられるということ。食材全体にしっかりと味を染みこませられるほか、調理の途中でかき混ぜるといった手間が掛からず全自動調理ができる。予約調理にも対応しているため、夕食用のおかずを朝セットすることも。ほったらかしても時短生活に繋がる。

シャープ
ヘルシオホットクック
実勢価格:6万6440円
hotcook_02

SPEC
サイズ:W364×H224×D280mm 質量:5.2kg 定格消費電力:600W 設定温度(発酵):35〜65℃ 最大予約調理時間:12時間 メニュー集掲載メニュー数:100(自動メニュー85/手動メニュー15)

 

基本性能をCHECK!!

煮物調理のほか蒸し物やゆで調理、発酵が可能
設定メニューでは煮物からお菓子まで6種類を用意。無水調理で煮物ができるほか、蒸し物やゆで調理などが可能。自動メニューは85種類用意、手動メニューでは無水調理の有無、「まぜ技ユニット」の動作の有無が設定可能。予約調理は最大12時間まで設定できる。

食材を全自動でかき混ぜられる
hotcook_03
内ふたに取り付けられる「まぜ技ユニット」は設定したメニューに応じて、自動的に羽根を回転。食材を優しくかき混ぜることが可能。

85種類の自動メニューを用意
hotcook_04
本体上面に操作ボタンを配置。食材やレシピに応じて、設定を選択する。ひとつの設定メニューで複数のレシピが作れるようになっている。

ヨーグルトや塩麹も作れる
hotcook_05
発酵機能を搭載。牛乳に市販のヨーグルトを少し加えてセットするだけでヨーグルトを作ったり、また、塩麹や甘酒なども簡単に作れる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

関連記事

注目記事

[PR] おすすめ記事