ついに発売されるVRヘッドセット『Oculus Rift』、気になるお値段は?

もうバーチャルじゃない、現実に発売されるんですってば!

装着者の頭部が向いている方向をトラッキングして360度のバーチャル・リアリティ視野を得られるVRヘッドセット(ヘッドマウント・ディスプレイ)の代名詞的な存在Oculus Rift(オキュラス・リフト)が、いよいよ一般向け予約販売をスタートすることになります。受付開始は太平洋時間における1月6日の午前8時。すなわち日本時間では1月7日の午前1時にあたる時刻。

いよいよ一般の家庭でもバーチャルリアリティ体験ができる時代の到来というわけで、待ち望んでいたテック愛好家にとっては感無量の瞬間となりそうです。

価格未定ながら、創業者による「何か質問ある?」も

oculuspreorder03 oculuspreorder04

残念ながら価格はまだ発表されていませんが、開発者向けのデベロッパー・キットが300〜350ドルくらいとされており、だいたいこの辺りの価格帯を想定しておくと良いかもしれませんね。予約開始に先立って海外掲示板サイトRedditではオキュラス創業者のパルマー・ラッキー(Palmer Luckey)氏が「何か質問ある?」とばかりにユーザーからの疑問に答えまくるそうなので、そこで尋ねてみるのもアリかも。今度の水曜日が質問のチャンスとのこと。

対応ゲームソフトが2タイトル同梱される

oculuspreorder02

また、今回の発表ではマリオやソニックを彷彿とさせるようなアクションゲームの『Lucky’s Tale』、コックピット・ビューのSFシューティングゲーム『CCP’s EVE: Valkyrie 』という対応ゲーム2本が同梱されることも明らかになりました。

実際にVRヘッドセットが一般販売されることで、ゲームのみならずスマートフォンアプリやウェブ動画などでもVR対応コンテンツが増えていくことは間違いなしでしょう。新しい体験に乗り遅れたくないなら、この話題からしばらく目が離せなくなるはずです。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

予約販売の開始を伝えた公式ブログ記事
製品ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

AUTHOR

関連記事

注目記事

[PR] おすすめ記事