スマホやPCのデータ遺品、どう“生前準備”する?【正しいデジタル終活術:第3回】

価値とノウハウの共有、それにパスワードの存在。

前回も触れたとおり、デジタル遺品には、端末内にデジタルデータが保存されているオフライン型と、インターネット上に中身や契約が残されたままになるオンライン型がある。今回はこのうちオフライン型のデジタル遺品──パソコンやスマホ、タブレット、デジカメ、USBメモリ、micro SDカード、NASなどなど──を正しく“生前準備”するポイントを解説していきたい。

デジタルの垣根を取り払う3つの要点

デジタル遺品と通常の遺品の根本的な違いは、残された人が見つけやすいか否かという一点に集約される。紙焼き写真のアルバムや便せんに書いたメッセージ、預金通帳や土地、家屋など、目に見えて手で触れられる遺品と同じように扱えるならば、わざわざ“デジタル〜”なんて枠をつける必要はなくなる。

たとえば、「あの人の書棚にあるこのアルバムを手に取って表紙を開くと、昔の家族写真が見られる」という行為と、「あの人が持っていたデジカメの電源を入れて再生ボタンを押すと、昔の家族写真が見られる」という行為に何の隔たりもなくなれば、デジタル遺品をとりまく問題の大半は解決すると言っていい。

その視点でオフライン型のデジタル遺品を考えると、(1)手持ちのデジタル機器を大切にすべき中身が入っているかもしれない“入れ物”として認識してもらい、(2)中身にアクセスするノウハウを共有してもらう──この2点が成立していれば済むということになる。

要点(1)は、普段から家族や友人に「家族写真はあのタブレットに保管しているんだ」「仕事で使っているスマホはコレ」といった情報を伝えておけばいい。また、生前誰にも伝えていないデジタル遺品でも、普段から持ち物を整理整頓しておけば、少なくともゴミと一緒に扱われることはないだろう。第2回で解説した優先順位でいうところの「気づかれないと危険!」と「気づかれるのが望ましい」「できれば気づかれたい」というものは、その意思が伝わるように日頃から大切に扱っておかなければならない。

要点(2)については、残される側にパソコンやスマホをある程度扱える人がいれば、要点(1)を押さえた時点で足がかりができたも同然だ。デジカメやmicro SDカードなら、中身を読み出してもらうのはたやすいだろう。しかし、パソコンやスマホはここに最大の難関、3つめの要点が潜んでいる──(3)機器にログインするためのパスワード、だ。

01_figue

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

AUTHOR

  • 古田雄介

    古田雄介

    1977年生まれのフリー記者。建設業界と葬祭業界を経て、2002年から現職。インターネットと人の死の向き合い方を考えるライフワークを続けている。2015年12月に、書き手が亡くなった103件のサイトの事例を紹介した書籍『故人サイト』(社会評論社)を刊行。