VRもここまできたか……バーチャル全身触覚スーツ『Teslasuit』

あ、なにやらヘンなコトを考えていましたね!

最近ではVRヘッドセット『Oculus Rift(オキュラス・リフト)』の予約販売がスタートしたりと、バーチャルリアリティ界隈が大きく盛り上がっています。そんなVRを全身で体感できるボディスーツこそTeslasuit(テスラスーツ)。ええ、お察しの通り装着者の全身にバーチャル触覚を与えるテクノロジーなのですよ。

teslesuit02

このスーツは全身に備える触覚チャネル数によって2つのモデルがあり、スタンダードな『Pioneer』は16カ所、上位モデル『Prodigy』では52カ所もの触覚チャネルを内蔵。ちなみにYouTubeには、サッカープレミアリーグ、セルティックFCに所属するスコット・ブラウン選手がバーチャル触覚を体験している動画がアップされていたり。

これまでのVRコンテンツに仮想的な触覚が加われば、さらに革新的なユーザー体験が生み出されるだろうことは想像に難しくありません。今後の開発進行と普及が非常に楽しみではありますが、現在は「Kickstarter」で資金調達中で、アーリーバード製品の出荷も2016年後半に順次行われていくというスケジュール。一般に普及するまでの道のりはまだ長そうです。

なお、お約束の「バーチャル世界のキャラクターに触れる体験はできるのか?」という疑問については、一応それっぽい公式映像が公開されてはいるものの、現時点で楽しそうかについてはノーコメントで。個人的には通勤ラッシュ時の満員電車をバーチャル体験するコンテンツを制作して、東京のビジネスマンの悲哀を世界中に知らしめる、なんてのも悪くないんじゃないかと思います。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

製品ページ
Kickstarterページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

AUTHOR