コスパ抜群のフルHDプロジェクターで自宅を映画館に変えてみた!

大人気プロジェクターでお手軽シアターに挑戦

映画のBDなど迫力のコンテンツを大画面で観るなら、手軽ながら高画質な本格プロジェクターがおすすめだ。中でも注目は、10万円前後で買えるフルHDプロジェクターとして高いコスパを誇るエプソンの最新機種『EH-TW5350』。その最大の魅力とも言えるのが明るさだ。部屋を真っ暗にしなくてもくっきり明るい映像が表示でき、リビングなどでもカジュアルに利用できる。

『EH-TW5350』にはスクリーンをセットにしたモデル(実勢価格:11万4100円)も用意されているが、白く平らな壁があればそこに投影するという手もある。サウンドまわりはホームシアターシステムが基本となるが、初めはプロジェクターの内蔵スピーカーのほか、本製品の場合はBluetoothスピーカーからでも出力が行なえる。

本格的ホームシアターの準備がなくても、まずは普段の室内環境に置いて始めるのがカジュアルにプロジェクターを楽しむ第一歩だ。

 

普通の白い壁に映すだけでも非常に高い満足度!

エプソン
ドリーミオ EH-TW5350
実勢価格:11万1700円

20160108_projector_001

2200ルーメンという明るさが特長のフルHD/3D対応プロジェクター。入力先の切替や各種設定をスムーズに行なえるホーム画面を新搭載した。Wi-Fiを内蔵するほか、Wi-DiやMiracastなど豊富なワイヤレスディスプレイ機能にも対応する。

SPEC
3D対応:○ 最大投写サイズ:332型 最大輝度:2200ルーメン 解像度:1920×1080ドット パネル:0.61型液晶 映像入力:HDMI×2、ミニD-sub15pin×1、RCA×1 サイズ:W297×H114×D245mm 重量:約3.1kg

20160108_projector_002 20160108_projector_003
▲本体を上下逆さまにした天吊り設置も可能。本体を部屋の後ろ側(高い位置)に置く場合に便利だ。

20160108_projector_004
▲フォーカスや投影サイズ、台形補正を行なうためのレバーを本体上部に配置。アナログでの微調整ができるのが◎。

20160108_projector_005
▲フルHDクラスのプロジェクターとしてはコンパクトなサイズ感。使いたい時だけ取り出して設置するといったことも十分現実的だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

関連記事

注目記事

[PR] おすすめ記事

この記事に関するキーワード