ルート検索+渋滞対応能力で選ぶ鉄板カーナビ2選

信頼度の高いカーナビは渋滞時の強い味方。鉄板的な固い信頼度を誇る、買って間違いのないカーナビを紹介しよう。

 

イザというときに信じられる信頼度の高さが決め手
目的地までのルートを探索し案内するという機能については、大きな差はなくなってきている昨今の国産カーナビだが、それでも少しでも信頼性の高いモデルを購入したいと考えるのは無理のないことだろう。予想外の渋滞に遭遇し、代わりのルートを探索するとき、あるいはナビに思わぬルートを示されたとき、「このナビの出すルートだから」と信頼できるか否かは、ドライブする側の心理に大きく影響するからだ。

そうした場合に本誌が自信を持っておすすめできるのが今回紹介する2機種だ。カロッツェリアの「楽ナビ」シリーズは、同社が実際に走行するクルマのプローブ情報から集計した渋滞情報や、ルートごとの所要時間のデータを駆使して距離よりも時間を優先したルート案内を実現。一方のパナソニック「ストラーダ」の上位モデル『CN-RX02WD』も2015年4月よりサービス開始されたVICS WIDEに対応することで、広範囲の渋滞情報をルート探索にいかせるようになった。渋滞を回避する場合、回避前と回避後のルートを画面上で比較して選べる点も信頼性が高い。特に渋滞しやすい時期のドライブには頼れる2機種のカーナビだ。

 

距離よりも時間を優先したルートを探せる定番モデル

カロッツェリア
楽ナビ AVIC-RL99
実勢価格:13万3300円
20160162_01
カロッツェリアブランドを展開するパイオニアが運営するクラウドサービス「スマートループ」により、正確な渋滞情報を入手可能。そのデータをいかした渋滞予測や、所要時間の計算も正確で、距離ではなく時間を基にしたルート設定を可能にしている。

SPEC
液晶:8V型VWGA メモリ:16GB チューナー:フルセグ4×4 地図更新:3年無料

【精度の高いルート検索能力】
全国約70万kmの道路をカバーするプローブ情報を活用した「スマートループ渋滞情報」に対応。膨大なデータを元にした渋滞予測も正確で、精度の高い回避ルートを案内する。

20160162_02
リアルタイムのプローブ情報を反映した「スマートループ渋滞情報」を表示。画面から正確に渋滞状況を知ることができる。

20160162_03
ルート探索は距離よりも時間を重視したアルゴリズムを使い、目的地に一番速く到着できるルートを探索。案内も正確だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

関連記事

注目記事

[PR] おすすめ記事