知ってた?実はレコードプレイヤーが驚異の進化を遂げています【カジュアル編】

CD&配信世代にとってもお手軽なレコードライフ

針の交換などのメンテナンスや、主張しすぎるほどの存在感など、面倒なイメージからレコードプレイヤーとの接点を持ってこなかったデジタル世代は多いだろう。音楽に興味を持ち始めた時期には、すでに手軽なCDが普及していた世代も増えてきているのではないだろうか。だが、“よりアナログに近い音”として、ハイレゾ音源が注目される現在、アナログ音源そのものがもてはやされるのも道理。レコードとそのプレイヤーが再評価されている。

重厚長大なイメージも今は昔。今時のレコードプレイヤーは、オールインワンタイプのものなど、実に手軽になっている。USB端子とADコンバーターを内蔵し、デジタル化されたオーディオ環境との親和性を持つ。例えば、リビングルームにプレイヤーを置きながら、別の部屋にあるスピーカーやヘッドホンへ伝送するなんてこともできるのだ。

価格帯も実にリーズナブル。なかにはクラウドファンディングで出資を募って誕生した、まさに今時と言えるモデルも登場している。それゆえ、今の時代にマッチした設計なのも折り紙付きだ。手軽に始められるレコード鑑賞、このタイミングで初心者として入門するにはうってつけのスタイルだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

関連記事

注目記事

[PR] おすすめ記事

この記事に関するキーワード