知ってた?実はレコードプレイヤーが驚異の進化を遂げています【高音質編】

どこまでハイレゾ化してもやはりアナログ音源は別物

レコードのコレクションを所有するユーザーなら、特にアナログ特有の豊かで高品位なサウンドにはこだわりたいところ。どれだけ音源の解像度が高くなったとしても、サンプリングされたデジタル音源とは、繊細さと滑らかさが違うという声が根強い。いわく、やはり楽器などの音色や情緒が違うなどとも嘯かれる。近年、より回転時に安定感が増して確かな音質を届ける重量盤の需要が増えるなど、実際に、音質を追求するリスナーは存在しているようだ。

ならば、ハイエンド志向のレコードプレイヤーがいまだに人気なのもむべなるかな。お手軽さを重視したオールインワンタイプとは対照的に、昔ながらの重厚感たっぷりな再生専用機だ。安定した回転と微細な世界を拾い上げる針、無駄な振動をカットする構造など、高音質化に特化されている。さらに、音を大きく左右するカートリッジのカスタマイズも可能。こちらも、アナログ人気に応える新製品が登場している。

そんなレコードをデジタル音源としてアーカイブできるところが最新の提案だ。若い頃に聴いたアナログサウンドを、DSD形式のハイレゾ音源として記録できてしまう。かつての高音質体験をもう一度味わいたい人はぜひチェックしてほしい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

関連記事

注目記事

[PR] おすすめ記事

この記事に関するキーワード