なんと! 新SIMフリーデジカメ『DMC-CM10』は音声通話に非対応

たしかに、デジカメで「もしもし」しないですもんね。

パナソニックが「ポケットサイズで一眼クオリティ」を掲げるAndroid搭載デジタルカメラの新機種『LUMIX DMC-CM10』を発表しました。

この新モデルでは、前モデル(台数限定販売のDMC-CM1)が備えていたLTEによるモバイルデータ通信機能は残しつつも、音声通話への対応を取りやめたのが印象的。カメラが直接インターネットにつながる主なメリットはSNSへの投稿でしょうし、必要なものはしっかり残しながらブラッシュアップした結果の判断と思われます。もちろん必要なアプリはGoogle Playからダウンロードして利用可能です。

dmccm10_02

コンパクトデジカメとしても見所の多いモデルになっていて、1.0型の大型センサー搭載カメラでボディの薄さが約15.2mmというは世界最薄ですし、明るい28mm F2.8 LEICA DC ELMARIT(エルマリート)レンズは広角とのことで、ひょっとすると自撮りにも効果的かもしれません。

dmccm10_04 dmccm10_03

また、最大4倍ズームで有効画素数は2010万画素、4K動画も撮影できるとあって、スマホカメラ派の若手ユーザーが「もうちょっといいカメラを」という理由で選ぶなんてこともありそうですね。シャッタースピードや絞り、ISOなどを操作できるコントロールリングの存在が、スマホとは一味ちがった本格テイストの撮影気分を高めてくれます。

dmccm10_05 dmccm10_06

そうそう、スマホといえば、4.7インチタッチパネル液晶画面に加えてスピーカー&マイク、そして107万画素のインカメラまで備えた背面は、まさにAndroid搭載スマホそのものといったルックス。他に類を見ない「世界にひとつだけの」オンリーワンなアイテムであることも魅力的なんですよね。

発売日は2月25日となる予定で、価格はオープンプライスながらおよそ10万円弱になる見通しなのだそう。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

パナソニックのプレスリリース
製品ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

関連記事

注目記事

[PR] おすすめ記事

AUTHOR