音と映像が生活に溶け込む。「Life Space UX」で生活に潤いはいかが?

圧倒的気軽さと楽しさでプロジェクター観が変わる

「Life Space UX」のコンセプトモデルとして以前より公開されていた、ポータブル超短焦点プロジェクターがついに発売決定。超短焦点の特長とワイヤレスの可搬性をいかし、家中をどこでも簡単にスクリーンに変えてしまう新機軸だ。

BDプレイヤー/レコーダーといった機器とつないで映画鑑賞などに使えるのはもちろん、スマホの画面もサッと大写しにできるため、使い方はユーザーのアイデア次第。写真をポスターのように映したり、時刻を表示して時計にしたり、風景の映像を映せば“窓”にもなる。

本格的なホームシアターとは全く異なる発想・スペックだからこそ実現できた気軽さと楽しさ。プロジェクターの既成概念を覆す一台だ。

最もシンプルに楽しめる映像投射の新しいかたち

ソニー
ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1
想定実勢価格:10万円前後 2月13日発売予定

20160126_LifeSpace_001

壁のすぐそばからでも投射できる「超短焦点」が特長の小型プロジェクター。充電式バッテリーを内蔵し、映像入出力をワイヤレスHDMIユニット(同梱)に分担したことでワイヤレス化も実現した。操作は全て専用アプリ(iOS/Android対応)を使って行ない、スマホ・タブレットからの映像のキャストも自在だ。

SPEC
解像度:1366×768 最大輝度:100ルーメン 投射サイズ:22型〜80型 パネル:0.37型SXRD 本体サイズ:W81×H131×D131mm 本体重量:約930g バッテリー駆動時間:約2時間

20160126_LifeSpace_002 20160126_LifeSpace_003
▲本体とワイヤレスHDMIユニットの2つで構成される本製品。ワイヤレスHDMIユニットにはHDMI入力・出力を1系統ずつ用意しており、テレビとの併用にも便利な仕様に。

20160126_LifeSpace_004
▲プロジェクター本体は片手でも気軽に持ち運べるコンパクトさ。バッテリーを内蔵するほか小型スピーカーも備えており、単体で音も楽しめるようにした。

20160126_LifeSpace_005
▲本体の向きを変えれば、壁だけでなくテーブルなどの上にも映像を投射可能。画面はオートフォーカスで最適化される。

20160126_LifeSpace_006
▲イスに座った時に自然な高さになる、専用フロアスタンド『LSPX-PS1』(想定実勢価格:2万円前後)。プロジェクター本体のバッテリー給電ドックとしての役割も兼ねている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード