ヤバイ季節がくる前に。花粉対策はデジタル家電でお早めに!【リビング編】

強力な空気清浄機で室内の空気を素早く洗浄

住居内で玄関に続いて花粉が流入しやすいのがリビングだ。このため、リビングにはできるだけ高性能で大容量の空気清浄機を設置したい。

空気清浄機には適用畳数が定められているが、国産モデルの場合、30分に1度、空気を清浄する性能を元に算出されている。しかし、実際にはより素早く空気を循環させて、空気中に含まれる汚れを除去するためにも、できるだけ大きな適用畳数の空気清浄機を選びたい。たとえば、20畳のリビングなら適用畳数が40畳以上のモデルを選ぶのがおすすめだ。

また、リビングだけでなく、子ども部屋や寝室も花粉対策をしたい部屋のひとつ。特に外で着用した衣類を、寝室に持ち込んで着替える場合には、花粉をまき散らしてしまうことに繋がりかねない。玄関で花粉を払い落とすのはもちろん、着替える時には空気清浄機を強モードなどして、花粉の飛散を最大限抑えることも大切だ。

リビングや寝室など、花粉が舞い散りやすい場所では、とにかく強力な空気清浄機で、しっかりと花粉を捕集できるように準備したい。

花粉対策【リビング編】の鉄則!
「リビングは広く複数の窓があり、多くの部屋とも繋がるため花粉が侵入しやすい。だからこそ、大きな適用畳数の空気清浄機を用意したい。長時間過ごすことが多いリビングだけに、侵入する花粉量より吸い取る量が大きくなければ意味がありません。花粉対策には目安としてリビングの広さに対し、2倍以上の適用畳数モデルがおすすめです」

 

リビング向け空気清浄機、おすすめの1台

花粉撃退モードで床上に対流する花粉を強力に吸引

パナソニック
加湿空気清浄機 F-VXL90
実勢価格:8万770円

20160129_kafun2_001

床上30cmから強力吸引するメガキャッチフォルムと「花粉撃退モード」を搭載する加湿空気清浄機。本体の低い位置に「高感度ハウスダストセンサー」を搭載し、花粉などを低い位置から強力に吸い込める。さらに1時間に870mlのパワフル加湿機能も搭載する。

SPEC
適用畳数:〜40畳 8畳を7分できれいに サイズ:W398×D268×H640mm 本体重量:11.8kg 運転モード:静音、中、ターボ 集じん方式:機械式(静電HEPA) 脱臭フィルター:スーパーナノテク脱臭

20160129_kafun2_002
▲約4.0Lの大容量タンクを採用。連続加湿約4.6時間に対応し、室内をたっぷりと加湿可能。イオン除菌・防カビユニットの搭載で清潔な水で加湿できる。

20160129_kafun2_003
▲約0.3μmの微粒子までキャッチできる「HEPA集じんフィルター」と臭いの元をキャッチできる「スーパーナノテク脱臭フィルター」を採用する。

20160129_kafun2_004
▲前方30°に向けて風を吹き出すことで、効率的に花粉を吸引する「花粉撃退気流」を搭載。さらに60分に一度気流を強めることで、より効率よく花粉を集める「花粉撃退モード」も用意している。

20160129_kafun2_005
▲本体前面の下部に、下から上へと吸い上げるような形状の吸込み口を搭載するメガキャッチフォルムを採用。前面カバーもオープンし、花粉などの比較的重たい汚れを吸い込みやすい構造となっている。

20160129_kafun2_006
▲吸込み口そばに搭載する高感度ハウスダストセンサーを初め、ニオイ、湿度、照度センサーなど計5つのセンサーを採用。人の動きを感知するひとセンサーも独自に搭載する。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

関連記事

注目記事

[PR] おすすめ記事