どーやって打ち上げよう(困)。人工衛星開発キットが60万円で買える!

どなたか、宇宙まで運んでくれる宅配業者を紹介してくださーい。

いよいよクラウドファンディングで人工衛星まで買えちゃう時代になりました。「Makuake」では、超小型衛星キット『ARTSAT KIT』の取り扱いが始まっています。最初の1機は40万円のお値段がついていましたが、クラウドファンディング開始早々に売り切れ。現在は60万円で購入できる枠が残っています。

artsat02 artsat03

このプロジェクトを進めている株式会社スペースシフトによれば、これまで海外から人工衛星キットを購入した場合には100万円以上かかり、さらに注文にも複雑な手続きが必要だったのだそう。60万円でも充分に「破格」ということのようですね。

このキットのベース機となったのは、東京大学と多摩美術大学による10cm四方大の「ARTSAT1:INVADER」という人工衛星。2014年2月28日にH-IIAロケット23号で打ち上げられ、地球の写真や各種データを宇宙から地上に送った実績があるのだそう。

正直なところ、人工衛星キットを購入したとしても使い道が思いつくのは、限られたごく一部の人々だろうとは思います。しかし、このように宇宙への間口が開かれるということ自体に大きな意味がある、そんな性質のプロジェクトなのかもしれません。

artsat04

ちなみに同プロジェクトは「Makuake」にて、宇宙から帰還したロケットの部品やステッカー、Tシャツなどの販売も行っています(3000〜5000円)。宇宙開発をちょっとだけでも支援したいという人には、このあたりがオススメと言えそうです。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

「Makuake」のプロジェクトページ
製品ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR