タブレット画面をタッチしながら走り回るミニカー・ロボ『TABO』

「タッチパネルを自力で操作できるロボ」っていうのが目新しいところかな?

マイクロマウスなど、自走する小型ロボットこそ数あれど、タブレット画面の上を走るためだけのロボというのは珍しいかもしれません。タッチ画面上を操作しながら走り回るミニカーサイズのロボット『タブレットボット・TABO(ターボ)』です。

tabo02

TABOの特徴は、2個のステッピングモーターで走行しながら、底部に備えた3点タッチ機構によってタッチパネル操作を行えるロボットであること。現時点ではiPad Pro専用となっているものの、プログラミング次第では人間とゲームで対戦したり、既存のタブレット用アプリの操作をロボットによって自動化することもできそう。

ポチポチ押すタイプのスマホゲームなどでは、自動で経験値稼ぎをさせることだってできてしまうかもしれません。プログラミングやDIYに親しみがない人でも、公式のコンセプト動画を見るとなんとなくイメージがつかめるかも。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR