「BELL」ブランドから360度撮影できるスマートヘルメットが登場しそうです

360度撮影できる4Kアクションカメラ搭載で、見た目も機能も最高にスマートなヘルメットです。

ライダーなら知らない人はいない老舗メーカーのベル ヘルメット社が、アクションカメラを開発する360fly社とのコラボでスマートヘルメットを開発しているそうですよ。360度方向をクリアに撮影できる4Kアクションカメラを備え、ライダーの安全も守ってくれるという素晴らしい機能を備えたヘルメットです。

360fly02

ヘルメットにアクションカメラを取り付けるキットは以前からありますが、このヘルメットはカメラが完全に一体化されていて、ちょっと見ただけではわからないほど。それでいて、360度方向を2880×2880px(30fps)という高品質で撮影でき、クァルコムのSnapdragon 800を採用した高機能な画像処理速度で、迫力ある映像がよりクリアに楽しめるんだそうです。

他にもヘルメットには、高度計や気圧計、GPS、Wi-Fi、Bluetoothといった機能が搭載されていて、将来的にはこれらの機能を応用し、視野以外から接近する車両や障害物を検知して衝突防止を警告したり、オートパイロットのように走行中のアシストをしたりもできるようになるのだとか。

もちろんアクションカメラとしての機能は十分で、YouTubeやFacebookへの投稿やビデオストリーミング、映画やテレビでも使えるクオリティを備えています。さらに、走行中のドライブレコーダーとしても使えるので、そうした点でもライダーの安全を守ってくれそうですね。

ヘルメットはフルフェイスから自転車用、ウィンタースポーツ用など様々なスポーツ向けのタイプが開発される予定。現在はテスト期間中で、実際の発売は今年後半を目指しているようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

AUTHOR

  • yuko_nonoshita

    野々下裕子

    フリーランスのライター/ジャーナリスト。デジタル業界を中心に、国内外のイベント取材やインタビュー記事を執筆するほか、本の企画編集や執筆などを手掛ける。デジモノステーションでは海外のデジモノを中心に紹介。WiressWire News、@DIME、WIRED Japan、CNET Japan、月刊Journalismなどで執筆。