360度カメラで全てを手に入れよう【前編】

今、高感度な人たちを中心に話題となっている「360度カメラ」って何? 前後編に渡ってその基本知識を解説していくので、魅惑のニューガジェットにあなたも入門してみよう!!

関連記事

360度カメラで全てを手に入れよう【後編】

360度カメラってどんなカメラ?

特殊な魚眼レンズを装着したカメラで撮ったスーパーパノラマ写真(水平方向360度/垂直方向180度〜)をスマホやPCのアプリで伸長して楽しめるカメラ。2基以上のカメラで撮った画像を合成し、全方向に死角のない“全天球”写真を撮れるものも登場している。

SNSや動画サイトに投稿
02
▲撮った360度写真はスマホやPC向けの専用アプリのほか、Webブラウザ上でも再生可能。ネットで手軽に共有可能だ。

スマホから操作できる
03
▲360度カメラはWi-Fi連携したスマホで操作するというスタイルが基本だ。スマホ画面をモニタとして使うこともできる。

静止画から動画まで
04
▲ほとんどの360度カメラは静止画だけでなく動画の撮影も可能。動画を再生しながら専用アプリ(ビューアー)で観たいところにクローズアップできるのが面白い!

 

新感覚! これまでなかったニュースタイルカメラ

昨年辺りから、SNSなどを中心に盛り上がりつつある「360度カメラ」。シャッターボタンを1度押すだけで、カメラを中心にぐるり全方向の写真が撮れるという製品だ。

昨年はその先行者であるリコー「THETA(シータ)」シリーズの独壇場だったが、今年は多くのフォロワーがそれぞれ個性的な新製品を投入。用途に合わせてさまざまな選択肢から選べるようになる。

そこでここでは拡大していく360度カメラの最新事情をお届け。大定番「THETA」の最新モデルを今回、4K動画に対応したモデルや4つの小型カメラを組み合わせて高画質な全天球写真を撮影できるものを次回、紹介したい。

旅行の記録や星景写真などといった、パノラマ感が命のシチュエーションで活躍してくれるほか、自転車に装着してアクションカメラ風に使ったりできるなど、アイデア次第でその活用法はまさに無限大(賃貸物件の紹介に360度カメラを使うといった事例も話題に)。単に写真/動画を撮るだけではもう満足できないという人に試してもらいたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード