ドミネーターの次は攻殻! Cerevoが多脚戦車『タチコマ』の開発を発表

今から「バトーさんの声真似」を練習しとかなきゃー!

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の拳銃型アイテム『ドミネーター』をリアルに再現してしまったCerevoのS2R(From screen to the real world)プロジェクト、第2弾はなーんと「攻殻機動隊」シリーズに登場する小型多脚戦車『タチコマ』でした。ネットにつながるIoT的グッズを得意とする同社ですが、AIで自律行動し、電脳世界にダイブできる思考戦車を製品化するつもりとは……さすがにネットにつながりすぎではないでしょうか。いや、コレはもちろん褒め言葉ですけど。

参考記事: 3月発売!7万9800円!ついに全容を現したCerevo『ドミネーター』全スペック解禁レポ

劇中では公安9課のメンバーが乗り込むこともある、ロボットであり「戦車」でもあるタチコマ。しかし今回開発中のものは1/10程度のスケールになる模様で、さすがに人が乗って走ることはできなそう。しかし電動による作品同様の自立歩行、または車輪による走行機能を備えたアイテムになると発表されているので、単なるスケールモデルやラジコンといった性格のものにはならないと思われます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

関連記事

注目記事

[PR] おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR