ソフトバンク、通信衛星を利用したLTEサービスを2016年中に開始へ

宇宙を経由して、エリアを拡大することになりそう。

ソフトバンクは、携帯電話ネットワークの基地局とコアネットワークを中継する回線に衛星回線を利用して、LTEサービスを提供する検証実験を実施。実用化に向けた技術の開発に成功したと発表しました。手っ取り早く言うと、人工衛星を経由することで、地上の基地局まで固定回線を引くのが難しい地域にもLTEエリアを拡大できるというわけ。

なお同社では、この技術について「2016年中に商用環境でのサービス提供を目指す」としており、離島や山間部をフォローする回線として比較的早い時期に商用化されることになりそうです。

sbsatelte02

ここで使われる衛星通信システムSkyEdge Ⅱ-cの開発では、イスラエルの衛星通信ネットワーク会社「Gilat Satellite Networks」とソフトバンクが企画段階から協力関係にあったとされ、ソフトバンクでは国内のみならず米国子会社のスプリントでもこの衛星技術を使っていきたい方針。

ちなみに従来の衛星通信では実現が難しかった下り100Mbps以上の回線速度も実現しているとしています。

実験段階の次世代通信技術のような「爆速ネットワーク」とはいかないものの、LTE網の一部として年内に商業化できる技術としては申し分ないスペックが出ているということなのでしょう。未来のさらなる高速化も大切ですが、現状の携帯電話ネットワークが使えるエリアが広がるというのは、利用者として無条件に歓迎したいところですよね。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

ソフトバンクのニュースリリース
Gilat Satellite Networksのプレスリリース(英文)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR