狙い目はアンダー25万円。“語れる”腕時計で男を上げろ!【唯一無二編】

時計の価格高騰の今、狙い目のゾーン

ここ最近、時計の価格が高騰している。理由はいくつかある。

まずは多くの新素材やレアマテリアルが時計に使われるようになったこと。機械式ムーブメントの自社開発化の増加も要因だ。そして、昨年1月に起きたスイス国立銀行(中央銀行)の対ユーロの上限、1ユーロ=1.20フランの撤廃によるスイスフラン急騰も価格に響いた。

もはや手が届くちょうどいい価格帯に買いたい時計はないのか? 実はそんなことはない。為替は別にして、素材はステンレスで十分。自社ムーブメントでなくても全然問題ない、と考えればいい。すると買える時計が見えてくるはずだ。

ここで取り上げるアンダー25万円は、どの時計もしっかりと作られている。そして、機能やデザインにこだわった個性的なモデルがたくさん存在している。つまり“語れる”時計がそこにある。だから今、男のご褒美として推すのだ。

シリーズ記事
狙い目はアンダー25万円。“語れる”腕時計で男を上げろ!【国産ダイバーズ編】
狙い目はアンダー25万円。“語れる”腕時計で男を上げろ!【復刻&オマージュ編】
狙い目はアンダー25万円。“語れる”腕時計で男を上げろ!【タフネス編】
狙い目はアンダー25万円。“語れる”腕時計で男を上げろ!【革新ムーブメント編】
狙い目はアンダー25万円。“語れる”腕時計で男を上げろ!【ファッション編】

琺瑯ダイヤルからバウハウスデザインまで
唯一無二な存在

個性のある“オンリーワンという価値”

山で使うための完璧な機能美をプロ登山家と追求したプロトレック「マナスル」だったり、災害時には強靭なロープとして使えるパラコードをストラップに使ったビクトリノックス「イノックス」だったり、100年も色褪せないという琺瑯を文字盤に使用したセイコー「プレサージュ」だったり。

時間を見るという機能がスマホなどに取って代わるにつれ、以前にも増して、個性のある“オンリーワンという価値”が時計に求められているのは確か。それはよりプロツールとして、よりファッションとして、より装飾品として、など。

ここで紹介する8本はそういう時計だ。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

関連記事

注目記事

[PR] おすすめ記事

この記事に関するキーワード