新たなバイオニック義肢。触覚フィードバック対応の「人工指先」誕生

「ツルツル」と「ザラザラ」を96%の精度で区別できるのだそう。

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)と、イタリアの聖アンナ高等師範学校(SSSA)が開発した『人工指先(Bionic Fingertip)』は、センサーを搭載した人工の指先を神経接続することで装着者に触覚の情報を伝えることができるとされ、より高度な義肢の開発を加速するものとして注目されているのだそうですよ。

この技術ではセンサーによる触覚情報を、人間の神経系でやりとりされる言語(Language of the nervous system)を模した電気信号に翻訳して、実際の神経に配信するというのが特筆すべきポイント。指を失っていない人に対しても、外科手術不要で「ザラッとした触感」を伝えることができるとしています。

bionicfingerchip02

bionicfingerchip03

冒頭に名を挙げた2つの大学に加えて、現在この研究にはイタリアのピサ大学、サン・ラファエル科学研究所(IRCCS)、サクロ・クオーレ・カトリック大学などが協力しており、国家の助成金によるサポートも受けているのだそう。

ここで得られた研究成果は医療のみならず、救命救急の現場や製造業におけるロボット工学といった分野にも広く応用されていくだろうということです。人間の神経の仕組みが解明されていくことで、それ以外にもまだまだいろいろなことができるようになっていくのではないでしょうか。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)のニュースルーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

関連記事

注目記事

[PR] おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR