死後の世界を信じる? 信じない? 死者たちのネット投稿が与えてくれる示唆

気の置けない間柄以外では、政治と宗教(あと古くはプロ野球)の話題を持ち出すのはタブーとよく言われている。ここにもうひとつ、「死後の世界を信じるか?」という話題を加えてもいいと思う。

一見、宗教ネタと被るように思えるが、ユダヤ教のように死後の世界に否定的な宗教は少なからずあるので、信仰がある=死後の世界を信じているとはならない。また、無宗教を自認しながら死後の世界を信じている人も増えている。たとえば、統計数理研究所が60年前から実施している「日本人の国民性調査」の2013年版では、「宗教を信じるか?」という設問に対して、「信じている」が28%で「信じていない」が72%となっている。7割の国民が自覚的には無宗教というわけだ。ところが、「あの世を信じるか?」の設問では、「信じる」が40%で、「信じない」の33%や「どちらとも決めかねる」の19%を上回って多数派となっている。

宗教性と死後の世界は、関わり合いつつも別個の価値観とみなすのが正しいと思う。そして、やっぱりタブーだ。亡くなった家族が自分を見守っていると信じている人に対して、死後は何もないと主張するのは配慮に欠ける。死後を信じていない人に「肉体から離れても魂は安らかになります」と慰めても、生きる力にはなりにくい。こちらと相手の死後観が一致していないと、ツーカーで語り合うのは無理そうだ。コミュニケーションのカードとしては、どうにも扱いづらい。

一方で、タブーな題材というのは、精神の根本的なところに触れる怖さがあるからタブーなわけで、往々にして深く突きつめるのに値するところがある。家族や友達にも安易に相談できない死後の世界について、思索を深めるにはどうしたらいいか? 書籍を漁るのもいいし、臨終の専門家の話を聞くのもいいと思う。しかし、インターネットという、手軽にアクセスできて、かつ深みにある場を見逃すわけにはいかないだろう。拙著『故人サイト』から、3例紹介させてもらいたい。

闘病記ブログに「死とは無である」と綴った男性

2007年4月、30代にして腎臓がんと診断されたある男性は、それまで不定期で更新していたブログを舞台にして闘病記を綴るようになった。関わる医師が口を揃えて「進行が早すぎる」というほどのスピードで病状は悪化していったが、治療を諦めるそぶりは骨に転移してもみせなかった。そのうえでこうもつぶやいている。

「死とは無であると思っています」

辞世の日記をアップしたのは同年11月25日。

「ついに痛み止めも効かない もうひと踏ん張り 今までみんな有難う御座いました。」

その後、何度か持ち直して2回ほど辞世を打ち直して12月に亡くなった。最後まで別の死生観を取り入れる姿勢は見られなかった。

「自分が死んでゆくのを悟れるものだ」とする女性

アコースティックデュオでヴォーカルを担当する女性は、2015年4月、乳がんにより36歳の若さで亡くなった。その後、公式ブログには彼女が生前準備していた「ファンの皆さまへ」という日記がアップされた。以下はその抜粋。

「人は面白いものです。自分が死んでゆくのを悟れるものだとわかりました。その悟りをしたあとは気持ちが晴れ、すごく楽になりました。私はもともと人が死ぬことを悲しいという風に思っていませんでした。むしろ卒業というような喜ばしいことだとどこかで感じて生きていました。なのでそれでもあり全然死に対しての恐怖もなくつらさもなかったです。周りで支えて下さった方には寂しい気持ちにさせてしまったかもしれません。ですが私は今とてもワクワクしています。皆さんとひとつになれるような気がするからです。私の身体はなくなっても、私は存在します。だから悲しまないでください。」

重病とともに生きてきた女性の悲痛な投稿

生後間もなくに腸に異常が見つかり、重病とともに生きてきた女性は、2010年8月、20歳のときに小腸の移植手術を受けた。手術は成功したが拒絶反応が収まらず、それまで病と折り合いをつけてきた彼女の精神を徐々に蝕んでいく。2009年1月からつけてきたブログは、2012年8月、彼女の悲痛な投稿で幕を下ろしている。

「あんなに辛い治療はもうこりごりです。延命治療も望みません。早く天国に行きたい。地獄でもいいから行きたい。生きてることに疲れた。(中略)本当に死んだらどこにいくんだろう。試してみたいね。ククク 死」

 
 
1990年代、医療の現場ではがんの告知が一般化し、2000年頃には痛みを抑える技術も飛躍的に向上した。それは、亡くなる直前まで自分の死を見つめやすくなったことを意味している。インターネットで個人が盛んに情報発信するようになったのは、まさにこの頃だ。結果として、インターネットには新時代の死生観がたくさん蓄積されることになった。そこには書籍や専門家の情報に負けない何かがあると思う。

文/古田雄介

※『デジモノステーション』2016年12月号より抜粋

関連記事

「古田雄介のインターネット死生観」記事一覧
旧連載「正しいデジタル終活術」記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR

  • 古田雄介

    古田雄介

    1977年生まれのフリー記者。建設業界と葬祭業界を経て、2002年から現職。インターネットと人の死の向き合い方を考えるライフワークを続けている。2015年12月に、書き手が亡くなった103件のサイトの事例を紹介した書籍『故人サイト』(社会評論社)を刊行。