【Boseヘッドホン】破れてしまったイヤーパッドを自力で交換する方法。これでまた数年は戦える!

量販店でも買える。純正の交換用イヤーパッド

イヤホンやヘッドホンが破損してしまったら、まずはメーカー修理に出すことを想像しますよね。でも日常的に使う製品が、修理の出し戻しで数日〜数週間も使えなくなるのはかなり困る。

筆者は1年半ほど前からBoseのワイヤレスヘッドホン(『SoundLink On-Ear Bluetooth Headphones』)を使っていたのですが、年中装着し続けていることから消耗が激しく、イヤーパッド(耳あて)の部分が破れてはがれてきてしまいました。

Bose『SoundLink On-Ear Bluetooth Headphones』

Bose『SoundLink On-Ear Bluetooth Headphones』

イヤーカップに付いていたクッションの周囲が破れ、どんどんはがれてしまう。

イヤーカップに付いていたクッションの周囲が破れ、どんどんはがれてしまう。

というわけで始めに修理を覚悟しましたが、少し調べてみるとBoseでは各種ヘッドホンのイヤーパッド交換品を純正オプションとして発売していることが判明。家電量販店の通販サイトやAmazon.co.jpなどでも取り扱いがあるのでさっそく注文してみました。購入価格は3780円。

ただし在庫は常に潤沢というわけではないようで、今回の注文から取り寄せにかかった期間は2週間ほど。製品は簡易的なパッケージとマニュアルで届きます。

交換用イヤーパッド『EAR CUSHION OE BT BK』

交換用イヤーパッド『EAR CUSHION OE BT BK』

道具不要で交換OK。新品の取り付けには少しコツが必要

交換の手順はとても単純で、「イヤークッションをつかむ」→「引っ張って取り外す」→「新しいほう(交換品)を押し込んで取り付ける」だけ。道具は何も要りません。

破損したイヤーパッドをつかんで引っ張ると簡単に取り外せる。

破損したイヤーパッドをつかんで引っ張ると簡単に取り外せる。

161222_Bose_04

交換用イヤーパッドはL・Rの2つセットになっているので、当然ながら交換しなかった一方は温存しておくことができます。

161222_Bose_05

161222_Bose_06

取り外しは簡単ですが、新品の取り付けにはちょっとコツがあって、例えるなら怪獣とかのソフビ人形の外した部品を元に戻す作業のような感じ(わかりにくい…?)。取り付け部分を強く引っ張ると新品も破いてしまいそうになるので、作業は慎重になります。

交換する方法については、Bose公式の手順動画も公開されていました。(YouTube:1分11秒

保証期間を少し過ぎた製品のちょっとした故障・破損は、このように自力で解決できるとありがたいですね。有償修理に出していた可能性を考えると、価格も3000円台なら許容範囲。これでまたしばらくは使い続けられそう!

文・撮影/柳 雄大(編集部)

関連サイト

Bose ヘッドホンWebサイト
SoundLink On-Ear Bluetooth Headphones サポートページ

関連記事

無線&最強ノイキャン! ボーズの最新ヘッドホン『QC35』、本日発売!
ヘッドホン&イヤホン厳選35機種!完全クロスレビュー【ハイファイワイヤレス部門】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

AUTHOR