撮りまくれ! 全天球映像を24時間撮影&配信できる『RICOH R Development Kit』

ペットの監視とかにもよさそう?

リコーといえば、これまでも360度をぐるっと撮影できる全天球カメラ「THETA」シリーズが好評でした。そんなリコーは2017年1月5日、なんと24時間連続でのライブストリーミングが可能な360度全天球カメラの開発キット『RICOH R Development Kit』を発表したのです。24時間って! 一体どんな秘密が隠されているんでしょう?

20170106nricoh2

『RICOH R Development Kit』はTHETAブランドの製品ではありませんが、その縦長のボディは健在。このスティック形状が持ちやすいんですよね〜。また本体に斜めに彫り込まれた溝は放熱性の向上にも寄与していそうです。なんせ、24時間以上の駆動を想定していますからね。

そして本体の前後に装着された2つの魚眼レンズで360度の映像を撮影し、カメラ内で合成することで1920×960ドット/30fpsの全天球映像を出力することができます。細かな解像度などの面では若干の違いがあるものの、ここまではだいたいTHETAとよく似た特徴を備えているのですが、さらに『RICOH R Development Kit』ではACアダプターを接続することで24時間の撮影とライブストリーミングが可能になるんです。自然観察に、家の中のペットの見守りに、あるいは長時間の実況配信に……さまざまな利用用途がありそうです!

20170106nricoh3

360度の全天球映像はそのまま配信しても面白いですし、視聴者側でVRヘッドセットが用意できればまさに撮影者と同じ目線での全天球映像が楽しめるはずです。

PC/Mac向けの映像コントロールツールが用意され、USB経由で映像設定の変更が可能。また撮影した動画はHDMI経由で出力したり、本体内のマイクロSDカード(32GBまで)に保存したりできます。将来的には映像コントロールツールのソースコードも公開される予定です。

『RICOH R Development Kit』は2017年春に出荷予定。価格などは発表されていませんが、ぜひ一般向けの製品の登場も期待したいところですね!

文/塚本直樹

関連サイト

リコーによるニュースリリース
RICOH R Development Kit

関連記事

廉価版と侮るなかれ!360度カメラ「THETA」にスタンダードモデル『RICOH THETA SC』が登場
同じに見えても大違い!?全天球カメラ『THETA S』は撮像素子とレンズが超進化
世界を“球”で切り取る360°全天球カメラ『RICOH THETA m15』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR