ムフフなアレがばれたらヤバイ!Windows 10で「Microsoft Edge」の履歴をしっかり消去するには?

閲覧したサイトや個人的な秘密、パスワードが漏れないように「Microsoft Edge」の履歴を消しておきましょう

パソコンのブラウザは個人情報の塊で、サイトのIDやパスワードはもちろん、カード情報や閲覧履歴まで、ありとあらゆる情報が保存されています。そのため、「ちょっと貸して」と言われても貸せるわけがないのが当たり前なのですが、パソコンに疎い人から見れば「ただのケチな人」になってしまいます。

赤の他人ならそれでもいいですが、家族間だと信頼問題にまで発展することも。本来であれば一人ずつユーザーを分けておくべき話ですが、いくらそう説明したところで聞いてくれない人は聞いてくれません。その結果、共有のアカウントでパソコンを使うとなれば、自分の秘密や情報を守るためにも自衛手段が必要です。

この自衛手段として最初にやっておきたいのが、ブラウザの履歴削除です。過去に閲覧したサイトを見られてしまうのを防げるほか、ショッピングサイトのIDやパスワードも削除できますから、知らないところで勝手に品物が購入されてしまう、という事故も防げます。特殊な趣味のサイトを見ていることがバレて夫婦げんかになる前に、しっかりと対策しておきましょう。

win69-01
▲Microsoft Edgeの場合、右上の「詳細」ボタンを押し、メニューから「設定」を選んでクリックします。

win69-02
▲「設定」一覧の中に「閲覧データのクリア」という項目があるので、「クリアするデータの選択」をクリックします。

win69-03
▲クリアできるデータは、閲覧の履歴からパスワードまだ多数。消去したいデータにチェックを入れ、「クリア」ボタンを押すことで削除することができます。

なお、ブラウザの履歴を毎回クリアするのが面倒であれば、「ブラウザーを閉じるときに、常にこれを消去する」をオンにしておきましょう。これで、ブラウザを閉じると同時に自動で履歴が消えるようになります。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

AUTHOR

  • 宮里圭介

    宮里圭介

    PC本体から周辺機器、モバイル機器まで幅広く扱うライター。