これが“動き回れるVR”だ!『HTC VIVE』を購入前に思いっきり体験できる専用スペースがアキバに出現

立ち上がって、歩き回れるから“そこに居る”感がすごい。

昨年12月、高機能VRハードウエア『HTC VIVE』の体験コーナーが東京・秋葉原にオープンしました。『HTC VIVE』といえば、VRヘッドセットに加え両手のワイヤレスコントローラー×2、部屋に設置するベースステーション×2などが付属したVRシステム。高性能ゆえに価格も10万7784円(税込)となっており、5万円以下の『PlayStation VR』などに比べると導入のハードルがかなり高めなことでも知られています。

このたびPCショップの「パソコン工房 秋葉原イイヤマストア」にオープンした体験コーナーでは、そんな『HTC VIVE』を気軽に試すことが可能に。事前予約制ではなく、店頭での直接受付で遊びに行くことができます。

動き回れる「ルームスケールVR」を店内で体験できる

170118_digimono_HTCVIVE23

PCショップの店内に『HTC VIVE』および推奨スペックのPC一式を用意した「HTC VIVE VR体験コーナー」。ここではヘッドセットとコントローラーに加え、プレイヤーの周囲をVR空間に割り当てる「ルームスケールVR」が体験できます。これは座った状態ではなく、立った状態で動き回りVRの世界に没入できる『HTC VIVE』ならではの仕掛け。

「パソコン工房 秋葉原イイヤマストア」の2階奥のフロアに用意されたVR体験コーナー。

「パソコン工房 秋葉原イイヤマストア」の2階奥のフロアに用意されたVR体験コーナー。

『HTC VIVE』体験コーナーの機材一式。推奨PCに加え大型のモニタも用意し、VR体験中の画面はこちらにもミラーリングして表示される。

『HTC VIVE』体験コーナーの機材一式。推奨PCに加え大型のモニタも用意し、VR体験中の画面はこちらにもミラーリングして表示される。

体験コーナーのスペースはおよそ2.5m四方が確保されており、体験内容によって多少激しめの動きをしても大丈夫な広さ。

体験コーナーのスペースはおよそ2.5m四方が確保されており、体験内容によって多少激しめの動きをしても大丈夫な広さ。

13歳未満でのVRゲーム機の使用は推奨されていない。体験コーナーの使用条件も13歳以上となる。

13歳未満でのVRゲーム機の使用は推奨されていない。体験コーナーの使用条件も13歳以上となる。

170118_digimono_HTCVIVE02

『HTC VIVE』は本体(ヘッドセット)のほか、コントローラー×2、ベースステーション×2などを組み合わせ、一つの部屋をVR空間に見立ててプレイする製品です。

170118_digimono_HTCVIVE04 170118_digimono_HTCVIVE05

110度の視野、360度の動作追跡を可能にするヘッドセットセンサーを搭載する『HTC VIVE』ヘッドセット。グラフィックの解像度は2160×1200ドット。

170118_digimono_HTCVIVE03 170118_digimono_HTCVIVE27

両手で握って使うワイヤレスコントローラー。親指を当てるトラックパッド、人差し指でクリックするトリガーなどを備えるほか、このコントローラーを握った手はVRの空間上の両手として機能します。

170118_digimono_HTCVIVE19 170118_digimono_HTCVIVE20

天井には『HTC VIVE』同梱品のベースステーション2台が設置。体験コーナー内の仮想VR空間をこれで制御しています。

さまざまなVRタイトルで『HTC VIVE』の魅力を体感

というわけで、こちらの体験コーナーで『HTC VIVE』向けのVRタイトルをいくつかプレイさせてもらいました。

 
『The Blu』

(c) 2011-2016 Wevr, Inc. All rights reserved.

(c) 2011-2016 Wevr, Inc. All rights reserved.

海底探索が楽しめるVRシミュレーション/アドベンチャー。頭のすぐ上を横切るクジラ、下から押し寄せるクラゲの群れなど、そのビジュアルは水族館を超える大迫力! 『HTC VIVE』のコントローラーを最大限に活用し、サーチライトで暗所を照らしたり、手を近づけて生き物に触ったり……“そこに居る”感を存分に味わえる一本。

170118_digimono_HTCVIVE06

170118_digimono_HTCVIVE12

 
『乖離性ミリオンアーサーVR』

(c) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

(c) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

人気RPG『乖離性ミリオンアーサー』のVRエディション(今春発売予定)の体験版をプレイ。ゲームの世界観の中に没入し、3Dのボスキャラとくり広げられるド派手なカードバトルを体感できます。見渡すと自分の周りにいる仲間たち、コントローラーを握った手を振り下ろすことで相手に攻撃できる感覚など、RPGがVR対応になることで加わる楽しさを確認!

170118_digimono_HTCVIVE14

170118_digimono_HTCVIVE15

『HTC VIVE』にマッチするゲーミングPCも一緒に検討できます

170118_digimono_HTCVIVE18

こちらの体験コーナーは、試してからでないと購入に踏み切りにくいVRが事前に体験できることに加え、PCショップが一体となっているのも大きなメリットに。『HTC VIVE』の利用にはそこそこ性能が高めのPCが必要なので、PCも買い替えるとなると悩みごとが増えてしまいがち。そんなとき、PCのほうも「これを買っておけばOK」というお手本が目の前に置いてあるのはわかりやすいですよね。

今後発売のVRタイトルから『HTC VIVE』が気になっている人はもちろん、とにかく最新のVRに触れてみたいという人も体験の価値ありです。

『HTC VIVE』の販売価格は10万7784円(税込)。これと合わせてグラフィックスなどの条件を満たすPCが必要になる。

『HTC VIVE』の販売価格は10万7784円(税込)。これと合わせてグラフィックスなどの条件を満たすPCが必要になる。

『HTC VIVE』と推奨スペックのPCのセット販売も。合計価格は24万2762円(税込)。

『HTC VIVE』と推奨スペックのPCのセット販売も。合計価格は24万2762円(税込)。

店内には2Fの体験コーナーのほか、1F入口にもイスに座った環境で『HTC VIVE』が体験できるコーナーを用意。

店内には2Fの体験コーナーのほか、1F入口にもイスに座った環境で『HTC VIVE』が体験できるコーナーを用意。

税抜きで6万円を切る超低価格で話題になったDMM.comの4Kディスプレイも展示されていた。

税抜きで6万円を切る超低価格で話題になったDMM.comの4Kディスプレイも展示されていた。

【店舗情報】
パソコン工房 秋葉原イイヤマストア
東京都千代田区外神田3-13-2
TEL…03-3526-3571
営業時間…11:00-20:00

170118_digimono_HTCVIVE30

 

取材・文/柳 雄大(編集部)

関連サイト

プレスリリース
『HTC Vive』製品情報

関連記事

高い! けど、HTCのVRゴーグル『Vive』の実力は『Oculus Rift』より上!?
VR初のキラータイトルか!?『Google Earth VR』がHTC Vive向けに配信開始

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR