未来を体感! 音速列車を目指す『ハイパーループ』実験のVR動画が公開

これはぜひ試してみたい!

スペースX社がカリフォルニア州やアラブ首長国連邦での建設を目指して開発中の、音速列車『ハイパーループ』。今年1月にはその乗り物となる「ポッド」のコンペティション「ハイパーループ・ポッド・コンペティション(Hyperloop Pod Competition)」が開催されたばかりですが、早速その走行をバーチャル体験できるVR映像が公開されましたよ。

この映像は、先のポッド走行コンペにおいて、学生などのチームが作成したポッドを推進するのに使われた車両から撮影されたもの。もし自宅にVRヘッドセットがあれば、グリグリと視線を動かすことで「チューブ(トンネル)」の中をどのようにポッドが移動するのかを体感できます。坑道を走るトロッコのような音と相まって、なかなかの迫力です。

本コンペでのポッドのトップスピードは時速100km以下程度にとどまりましたが、実際の『ハイパーループ』は音速に迫る時速1200kmでの営業運転を目指しています。つまり開業時にはこの動画の10倍以上ものスピード移動するというわけ。いかに同交通システムが革新的なのかがわかりますね。

なお『ハイパーループ』は現在もテスト走行を行っており、将来的にはロサンゼルス〜サンフランシスコ間、あるいはアラブ首長国連邦のドバイ〜アブダビ間などを結ぶ超高速交通網になる予定です。ジャンボジェット機よりも速い乗り物が地表を走るなんて、ちょっと信じられない未来感ですね!

文/塚本直樹

関連サイト

YouTube(スペースX公式アカウント)

関連記事

目指せ音速! 次世代交通『ハイパーループ』がチューブ走行コンペを開催
ドバイ〜アブダビ間たったの12分! 音速列車「ハイパーループ」がUAE進出か
イーロン・マスク氏の音速列車「ハイパーループ」2016年に屋外テスト開始

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR