“4Kテレビのためのレコーダー”ついに完成。Ultra HD ブルーレイ対応だけじゃない、AQUOSブルーレイの大きな前進

テレビが4Kになると、レコーダーはこうして変わる。想像以上の進化です!

3月24日に発売されるシャープ「AQUOSブルーレイ」の新モデル。3番組を同時録画できるトリプルチューナータイプのレコーダー最新機種であり、ハードディスク容量が3TBの『BD-UT3100』、2TBの『BD-UT2100』、1TBの『BD-UT1100』の3機種が同時発売になります。

これら新モデル最大の特徴は、次世代ブルーレイディスク規格「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応したこと。しかし、普及が進む4Kテレビにマッチするレコーダーとして設計された本製品は、Ultra HD ブルーレイ再生以外にも4Kテレビの真価を引き出す工夫が盛りだくさん。今回は本格的4K時代に突入した最新レコーダーについて解き明かすべく、DIGIMONO!/デジモノステーション編集長・岡部信がシャープの開発陣を訪ねました。

今回の取材に応じてもらった、シャープ ディスプレイデバイスカンパニー デジタル情報家電事業本部 国内事業部 第二商品企画部(AV機器)課長の伊藤公宜さん。「AQUOSブルーレイ」新モデルの商品企画を担当した。

今回の取材に応じてもらった、シャープ ディスプレイデバイスカンパニー デジタル情報家電事業本部 国内事業部 第二商品企画部(AV機器)課長の伊藤公宜さん。「AQUOSブルーレイ」新モデルの商品企画を担当した。

“肩肘張って観る感覚ではなくなった”
4Kテレビの現状にフィットしたレコーダー

『BD-UT3100』(3TB HDD搭載モデル)

『BD-UT3100』(3TB HDD搭載モデル)

デジモノステーション・岡部(以下、岡部) 今回の新製品(『BD-UT3100』『BD-UT2100』『BD-UT1100』。以下「UT」シリーズ)では待望の「Ultra HD ブルーレイ」再生に対応しましたね。これで現在流通する最高品質の映像ソフトを楽しめるということになりますが……新たな規格の製品化というのは、開発課題としてはかなりチャレンジングだったのでは?

シャープ・伊藤さん(以下、伊藤) そうですね。4Kの解像度を持った「Ultra HD ブルーレイ」の場合、既存の2K(フルHD)のブルーレイに比べて、単純計算でも画素数が4倍に増えますので。扱うデータ量も膨大になります。そのため今回、画像エンジンや光学ディスクドライブなど、ハードウェアのプラットフォームもほぼゼロから再構築しました。ただ、私たち開発チームとしては、単に次世代規格を取り込むだけでなく……実はもう少し大きな想いもあったんです。

岡部 なるほど。ニュース的にはどうしても「Ultra HD ブルーレイ」への初対応という部分がフォーカスされがちですが、商品企画のコンセプトはそれに止まらないと。具体的にはどういうことでしょう?

伊藤 端的に言うならば、「4Kテレビの真価を引き出せる高画質レコーダー」ということでしょうか。背景にあるのは、4Kテレビの急速な普及です。たとえば昨年末のある調査によりますと、テレビの総台数に占める4Kの構成比は、すでに3分の1近くまで来ているんですね。

岡部 たしかに最近では、45V型以上のモデルでは4Kが標準ですからね。シャープさんでも先日発表されたAQUOS「U45」シリーズなどは、55V型・50V型・40V型というラインナップでしたし。少なくとも以前のように肩肘張って観る感覚は薄れてきている。

AQUOS 4K新モデルの『LC-55U45』。写真の55V型のほか、50V型、40V型もラインナップ。

AQUOS 4K新モデルの『LC-55U45』。写真の55V型のほか、50V型、40V型もラインナップ。

伊藤 まさにそうなんです! 商品企画的には、そんな現状にフィットしたレコーダーを作りたいという想いが出発点になっていまして……。もちろん「Ultra HD ブルーレイ」は非常に重要な要素でしたが、それだけではなかった。たとえばハイビジョン放送を録画・再生するというレコーダーの基本機能がありますよね。そういう日常的な、言うなればお客さまの基本的な使い方において、4Kテレビの持つポテンシャルをどこまで引き出せるか。これが「UT」シリーズの、真の開発テーマだったと思います。

岡部 個人的には「UT」シリーズの価格設定を伺ったときにすごく納得したというか、シャープさんの狙いや開発チームの想いが伝わってきた気がしました。というのも、トリプルチューナーでしかも「Ultra HD ブルーレイ」対応というと、一般的にはかなり高級機をイメージしがちだと思うんですね。でも実際は、ほぼ同スペックの他社製品と比べても、かなり手頃な価格帯に収まっていて……(『BD-UT3100』が12万円前後+税、『BD-UT2100』が10万円前後+税、『BD-UT1100』が9万円前後+税を想定)。

伊藤 そこは必死で頑張りました(笑)。

最高画質の映画パッケージだけでなく
録画番組の視聴、番組表の見やすさなどで4Kの真価を引き出す

岡部 先ほど同じAQUOSの液晶テレビで、「Ultra HD ブルーレイ」と既存のブルーレイの再生映像を見比べさせていただきました。そうやって並べてみると、画質の違いはもう歴然としている。大好きな映画の世界を画面の隅々まで味わい尽くしたい、というような映画ファンにとって、その価値は計り知れないと思うんですね。でも、さらに機能を使い込んでいくと、レコーダーの基本である録画や再生が快適だったり操作する画面が見やすかったりと、開発者の意図がそこに止まらないことも見えてくる。

伊藤 そう感じていただけたのなら、本当に嬉しいですね。岡部編集長の仰るとおりで、たとえば映画に限ってみても、現在発売されている「Ultra HD ブルーレイ」のソフトはまだ100タイトルもありません。むろん将来的にはどんどん充実していきますが、そこに比重を置きすぎても、一般のお客さまの共感は得られないと思ったんですね。それよりも「このレコーダーならお手持ちの4Kテレビがもっと楽しめますよ」というモデルをご提案できればいいなと。

岡部 むしろ今回の「UT」シリーズは、「Ultra HD ブルーレイ」対応によって得られたハードウェア・スペックの拡充が、それ以外の使い勝手にもうまく生かされている印象があります。まだお話の途中で結論めいたことを言うようですが(笑)、非常にバランスのいいレコーダーだと感じました。改めて開発のポイントを教えていただけますか?

伊藤 4Kテレビの真価を引き出す要素は、大きくわけて3つあります。まずは先ほどからお話に出ている「Ultra HD ブルーレイ」対応。新規格のパッケージを購入することで、従来のハイビジョン映像とは別次元の“リアル4K”ワールドを体感できる。

岡部 いちばんわかりやすいセールスポイントですね。

伊藤 2つめは「4K60pアップコンバート出力」。読んで字のごとく、2Kで放送されているハイビジョン番組を4Kにアップコンして60pで出力する機能ですね。これによって、録画した放送番組も放送と同じ60コマのまま4Kにアップコンして楽しめます。最後は「4Kビジュアル番組表」。4Kテレビに合わせた文字フォントを使うことで、今までとは比較にならないほど文字が読みやすくなりました。また、番組選びがより楽しくなる工夫もいろいろ盛り込んでいます。

岡部 つまり最高画質の映画パッケージだけでなく、通常のハイビジョン録画や番組表などでも、4Kのポテンシャルを享受できるわけですね。まず1番目の「Ultra HD ブルーレイ」ですが、これは実際に見比べると一目瞭然で、映像のリアリティーがまるで違う。「Ultra HD ブルーレイ」の映像に比べると、従来のブルーレイディスクですら平板に思えてしまう。

伊藤 解像度だけでなく明るさや色の表現範囲も広がりました。従来のブルーレイでは、ピーク輝度は最大100nit(ニット:明るさの度合いを示す単位)でした。一方HDR(ハイダイナミックレンジ)という技術をサポートした「Ultra HD ブルーレイ」のピーク輝度は1000~10000nit。従来の10倍から100倍の明るさまで表現可能です。

岡部 色域は、既存のブルーレイが依拠していた「BT.709」という規格から、より広いカバーできる「BT.2020」に移行しましたね。こちらの効果はいかがですか?

伊藤 非常に大きいですね。「BT.2020」では自然界に存在する色のほぼ全てがカバーされていると言われていますので……「Ultra HD ブルーレイ」では映像のきめ細かさ、明暗の表現範囲に加えて、色の再現範囲も飛躍的に広がっていると。立体感やつややかさが別次元に思えるのは、結局、4K解像度のパネルに映し出される映像を、人の目が限りなく「自然そのもの」に近いと認識するからではないかと。

従来のブルーレイとUltra HD ブルーレイのスペックを比較したチャート。輝度ピークの大幅な拡大により、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した明暗表現力を獲得している。

従来のブルーレイとUltra HD ブルーレイのスペックを比較したチャート。輝度ピークの大幅な拡大により、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した明暗表現力を獲得している。

「Ultra HD ブルーレイ」にあわせた
新エンジン、新ドライブで基本性能がアップ

岡部 先ほど「UT」シリーズでは内部のハードウェアをほぼ一新したと仰いましたが、それだけ膨大なデータ量に対応するには、前世代モデルのプラットフォームをまるごと取り替えるしかなかったということでしょうか?

伊藤 おっしゃるとおりです。高画質・高速化を実現するエンジン(「4KマスターエンジンBD-PRO」)を新たに開発し、さらに従来のブルーレイディスクに比べディスクの回転が速い「Ultra HD ブルーレイ」に対応できるように、光学ディスクドライブも一新する必要がありました。

岡部 ちなみに新規格になって、回転数はどのくらい上がったんですか?

伊藤 従来のブルーレイの場合、最高回転数は1分あたり4000回転でした。それに対してデータ量の多い「Ultra HD ブルーレイ」は、ピーク時の回転数が毎分5000回転にまで上がります。読み出しの精度を保つのも大変ですし、当然、振動や騒音も大きくなる。それを抑えるため今回「UT」シリーズのディスクドライブでは防振スタビライザーを搭載しました。

岡部 ゼロから構築するとなると、開発の方は大変だったでしょうね。

伊藤 ええ。ドライブ開発には、市販ソフトの検証も含めて“人海戦術”も必要ですから。エンジニアは大変だったと思います(笑)。ただ、その副産物というか副次的メリットとしてディスクの読み込みスピードが向上し、さらに高速ダビングも可能になりました。

岡部 ディスクの読み込みスピードはストレスに直結するので、これは大きいですよね。あくまで体感ですが、そうとう速く感じます。

伊藤 ただでさえディスクの再生って、手軽なネット動画配信に比べて最近はハードルが高いでしょう。ですから「Ultra HD ブルーレイ」に対応して読み込みスピードが遅くなることは、商品企画的には絶対あってはいけなかった。これは当初から譲れないポイントでした。

「新スピードBDドライブ」。高速回転時の振動や風切り音を抑制し、騒音レベルを低減する防振スタビライザーを搭載している。

「新スピードBDドライブ」。高速回転時の振動や風切り音を抑制し、騒音レベルを低減する防振スタビライザーを搭載している。

岡部 ちなみに、開発における2番目のポイントの「4K60pアップコンバート出力」もやはり、この基本性能の向上あってこそ実現できたものだったのでは?

伊藤 まさにそうなんです。ご存じのとおり現在のデジタル放送は、地デジやBSだと最大2Kの解像度で送られてきています。ただ従来、シャープのレコーダーは、それを4Kにアップコンバートするスペックは搭載していませんでした。常時2Kのデータを出力して、アップコンはテレビ側に任せていたんです。

岡部 なぜ、従来のモデルには4Kアップコンバート機能を搭載していなかったのですか?

伊藤 従来のレコーダーに搭載しているエンジンでは、4Kにアップコンバートした際のフレームレート(1秒あたりのコマ数)が30コマまでとなっていました。放送と同じ60コマまでは出せなかったのです。今回の「UT」シリーズでは、それを常時「4K60p」の高画質で出力しています。たとえばこれは、サッカーの映像なのですが。

岡部 (デモを観て)なるほど。60pと30pとを見比べると差は明らかですね。「UT」シリーズの動きは滑らかですが、フレームレート30pの映像だと、コマ数が少ないためにシュートの軌道がぶれているように見えてしまう。こんなに違うんだ……。

伊藤 ちなみに岡部編集長はふだん、「早見再生」の機能も使われますか?

岡部 ええ。ニュースをまとめてチェックするときなどには、かなり重宝してますね。

伊藤 実は私もこういう仕事柄、ドラマをまとめ録りしてチェックしているのですが(笑)。早見再生時の動きもかなりスムーズになっています。処理能力がアップしたために、あの独特のカクカクした動きが気にならなくなりました。

1703_digimono_BD-UT_17b

番組表などの画面解像度も4K化
画質と使い勝手の向上で“有力な選択肢”に

岡部 使い勝手の向上という意味では、3つめの「4Kビジュアル番組表」にもすごく感心しました。4K向けのレコーダーというとどうしても高画質な画作りに傾きがちですが、シンプルに細かい文字が読みやすくなるという側面もある。たとえば小さな文字でも視認できるため、「UT」シリーズでは画面で一度に表示できる情報量が増えているでしょう。一覧性が飛躍的によくなって、使ってみると便利なんですよね。

伊藤 レコーダーの主目的は番組録画なので、番組表が一番の入り口になりますからね。今回「UT」シリーズのユーザーインターフェイスでは、従来のように2K用の文字をアップコンするのではなく、最初から4Kテレビに合わせたフォントを用意して出力しています。この恩恵もあり、一度に最大17チャンネルまで表示可能になりました。

岡部 17チャンネル! すごい一覧性ですね(笑)。たしかに地デジ、BS、CSなどをいちいち切り替えることなく、一気に表示できるのはすごく使いやすそうです。あと、1つのチャンネルの一週間スケジュールをまとめて表示する機能なども、録画したい番組を決めていく時には便利そうですね。

「4Kビジュアル番組表」。2K画質の番組表をアップコンバートしたものではなく、リアルな4K解像度(3840×2160ピクセル)で番組表を表示する。

「4Kビジュアル番組表」。2K画質の番組表をアップコンバートしたものではなく、リアルな4K解像度(3840×2160ピクセル)で番組表を表示する。

伊藤 新しい番組表では文字以外の機能もかなり拡充しました。たとえば、従来の番組情報に加えて出演者の方の情報や簡単なプロフィールまで表示されます。レコーダーをネットに接続していれば、各番組のタイトル画像や顔写真まで表示できるんですよ。さらに大きいのが、録画リストの子画面まで解像度が上がったことですね。

岡部 これは画期的ですね。「AQUOSブルーレイ」には、録画したタイトルを選ぶだけでなく、「見どころポップアップ」や「番組内容まるわかり」などシーンを選ぶ機能も備わっていますが、そのサムネイルまで思いきり高画質化したという。

伊藤 そこに気付いていただいてありがとうございます(笑)。既存のレコーダーでは、たとえばサッカー中継を録画した場合……サムネイルの子画面では細かいスコアなどが潰れてしまって読めませんでした。今回「UT」シリーズではそういった画面も4Kテレビに合わせた解像度で出力してしまおうと。番組を探したり、シーンを見つける時に重要なサムネイル画面も4Kテレビに合わせ高画質化しました。

番組再生中などに、観たいシーンを子画面(サムネイル)で探せる「見どころポップアップ」。

番組再生中などに、観たいシーンを子画面(サムネイル)で探せる「見どころポップアップ」。

地デジ・BSのドラマ新番組を自動録画できる「ドラ丸」。シャープのレコーダーでは4K対応以前から定評のある機能のひとつ。

地デジ・BSのドラマ新番組を自動録画できる「ドラ丸」。シャープのレコーダーでは4K対応以前から定評のある機能のひとつ。

岡部 地上デジタルやBSの新作連続ドラマを4週間分自動録画してくれる「ドラ丸」などの機能も充実していますし。こうやって伺ってみると、手頃な価格で「Ultra HD ブルーレイ」が再生できるという大きなメリットに加え、多くの側面で4Kテレビに相応しいレコーダーに仕上がっていることが実感できますね。すでに4Kテレビを持っている人はもちろん、今はまだ2Kのテレビを使っているユーザーも次の買い替え時には4Kが標準になっている可能性が高いわけで……。そういった意味でも「UT」シリーズは、画質と使い勝手のバランスが取れた、有力な選択肢となりうるモデルなのかなと強く感じました。

本誌編集長の岡部信(写真左)、シャープ 伊藤公宜さん(写真右)。

本誌編集長の岡部信(写真左)、シャープ 伊藤公宜さん(写真右)。

文/大谷隆之 撮影/松浦文生 構成/編集部

関連サイト

シャープ「AQUOSブルーレイ」製品情報
AQUOSブルーレイ スペシャルサイト「4Kテレビの真価を引き出す映像美」

関連記事

シャープBDレコーダーがUltra HDブルーレイ対応へ!『BD-UT3100』ほか、10万円切りモデルもさっそく登場

<他メディアでも特集掲載中。シャープ「AQUOSブルーレイ」関連記事はこちら>

【@DIME】シャープの新「AQUOSブルーレイ」に見る 4Kテレビ時代のレコーダーの選び方
【&GP】Ultra HDブルーレイ対応! シャープ新型「AQUOSブルーレイ」で実現できる10のコト
【GetNavi web】テレビは4K、でもレコーダーは? 4Kテレビの真の実力を引き出すUHD BD対応の「アクオス ブルーレイ」
【日経トレンディネット】IT・家電ジャーナリスト磯修氏が徹底検証 4Kスペックを生かせていない人に朗報 本格的“4Kテレビライフ”をモノにせよ!
【mono online】美しいから面白い! シャープ Ultra HD Blu-ray再生対応レコーダー BD-UTシリーズ発売記念。4Kの実力総動員!「録る・観る」美画面生活のススメ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR