ファイルを開く前に中身をチェック!Windows 10のエクスプローラにプレビューを表示するには?

プレビューウィンドウで目的のファイルを素早く見つける

「打ち合わせに使うファイル、そのフォルダのどこかにあるから探しといて」などと言われ、気軽に引き受けたらファイル数がまさかの数百個。検索で絞り込んでも数十個までしか絞れず、あとはひとつずつ開いて確認するしかない……なんていう不毛な作業が少しでも楽になるかもしれない方法があります。それが、「プレビューウィンドウ」の活用です。

プレビューウィンドウはエクスプローラーの「表示」から設定できるもので、この機能をオンにするとファイル表示の右側に専用のスペースが登場します。ファイルを選択するとここにファイルのプレビューが表示されるようになるため、ファイルを開かずに内容を確認できるわけです。標準ではテキストや画像ファイルくらいしか表示できませんが、Adobe ReaderがあればPDF、オフィスがインストールされていればオフィスファイルのプレビューもできるようになります。画像ならアイコンサイズを大きくするだけでサムネイル表示ができますが、それよりも大きく、より多くの種類のファイルに対応できるのがメリットですね。

なお、常にプレビューウィンドウを開いているとファイルの一覧性が低くなってしまいますので、必要なときだけ表示するといいでしょう。消したいときは、「表示」からもう一度「プレビューウィンドウ」を選択するだけです。

win85-01
▲リボンの「表示」から、「プレビューウィンドウ」をクリック。するとファイル表示スペースの右に、プレビュー用のスペースが表示されます。

win85-02
▲あとはチェックしたいファイルをクリックするだけで、その内容がチェックできるというのが便利。インストールされているソフト環境にもよりますが、画像のほか、動画、PDF、オフィスファイルなどがプレビュー可能です。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

AUTHOR

  • 宮里圭介

    宮里圭介

    PC本体から周辺機器、モバイル機器まで幅広く扱うライター。