車に積んで冒険したーい! 便利な折りたたみ式カヤック『HYPAR』

これなら僕もマリンスポーツに挑戦できそう。

海や湖をスーッと横切るカヤック。なんとも気持ちよさそうですが、アウトドア系のツアーにでも参加しない限りなかなか挑戦する機会がないですよね。そんなカヤックを車の後部座席に乗せられるくらいにまで折りたたんで小さくできる『HYPAR』が、クラウドファンディングでのキャンペーンに向けて準備を進めています。

この『HYPAR』は一人乗りのカヤックですが、半分に折りたたむとちょうど2枚の板のような形状になります。製品は「Marine AKYBOARD」という特殊なポリプロピレン製とのことで、折りたたみ動作や紫外線にも耐えられる仕様。組み立ても5分以内に終わるため、気軽に水辺へと漕ぎ出せるんです。

どこにでも持っていける気軽さ

20170310nka2

20170310nka3

『HYPAR』の重量は8kg以下。車の後部座席だけでなく、飛行機での輸送も可能です。縦に切り立った先端と後方が幅広い形状は水上での安定度を増してくれます。なんでも、船の形のベースとなった双曲線(Hyperbolic)と放物線(Parabolaids)が、「HYPAR」と名づけられた由来なのだそうです。

さらなる発展が楽しみな『HYPAR』

20170310nka4

ささに手元にパドルを固定してカヌーにしたり、セイルを立ててヨットにしたり、ソーラーパネルとモーターを搭載してモーターボートとして運用する、なんて構成も可能! 個人的にはソーラーバッテリーを搭載したときに、どれくらいのスピードが出るのか気になります。

『HYPAR』は2017年の4月にクラウドファンディングキャンペーンを開始予定。現在は公式ホームページにてメールアドレスの登録が可能です。こんな気軽なカヤックがあれば、マリンスポーツがもっと身近になりそうですね。

文/塚本直樹

関連サイト

HYPAR(製品ページ)

関連記事

突き刺さりそうな過激さ。メルセデスAMGとのコラボボート『50′ MARAUDER GT R』
究極のエコ!? 海水を利用する水素燃料船「Energy Observer」、世界一周を目指す
海上でもレクサスはセクシー! 流線型の高級ヨット・コンセプト発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR