トリセツどこ?を即解決。アプリ『トリセツ』は家電好き必携かも

家電の製品レビューや取扱説明書を一元管理できるのが、こんなに便利だなんて。

『トリセツ』は、さまざまな家電製品の取扱説明書やカタログ情報、レビュー記事などをまとめて管理できるスマホアプリ。持っている家電製品を登録しておけば、いざという時に焦って取扱説明書を探す必要もなく、わざわざメーカーサイトにアクセスする手間もありません。

02

03

普段使いのデジタル製品はともかく、たまに使うオーブンレンジなどシロモノ家電の使い方で迷ってしまったことがあるという読者も多いのではないでしょうか? そんな時、「説明書どこにしまったっけ!?」とあわてることなく、“説明書問題”をスマートに解決できるというわけ。

04

各製品ページには、取扱説明書やメーカー公式サイトへのリンクのほか、製品レビュー記事や、製品を購入できるサイトも掲載されています。気になる製品の情報を、すべて一元化してあるのでとても便利。

そんな『トリセツ』アプリには、熱狂的なファンが多数いるそう。そこには取扱説明書がすぐに見られるという便利さに留まらない、“家電好きならではの楽しみ方”があるようです。

自分の家電ヒストリーから思い出の製品を振り返る

デジモノ編集部コバヤシの場合/『トリセツ』で思い出の家電を振り返っては一人でニヤニヤ
05

「『トリセツ』は取扱説明書をすぐに呼び出せるので、購入した家電はすべて登録するようにしています。すると所有している家電がリスト化されるので、自分の家電ヒストリーが丸ごとわかる。そういえば昔こんな家電買ったなぁとか、思い出のある家電の製品情報やレビューを見返して楽しんだり(笑)」

06

編集部でカメラを担当しているコバヤシの思い出家電は『OLYMPUS OM-D E-M5』。現在は使っていないものの、『トリセツ』を見て当時を思い出したり、最新モデルと機能を比較したりと、マニアならではの楽しみ方をしているそう。

「購入直後はいつも持ち歩いていて、スナップ撮影をしていたことを思い出します。あらためてスペックを確認してみると、現行モデルはシャッタースピードが速くなっているなぁとか、でもボディは小さくて軽いのは魅力だよなぁとか、いろんなことが見えてくるんですよ」

自分の家電ヒストリーや思い出の製品を振り返り、当時を懐かしむと同時に、家電の進化を実感して喜びを噛みしめているとか。まさに家電好きならではの『トリセツ』の楽しみ方ですよね。

新製品をチェック&気になる家電をブックマーク

07

『トリセツ』はレビュー記事が豊富なのも魅力です。アプリには「話題のモノ」「気になるモノ」「買ったモノ」という3つのタブがあり、「話題のモノ」のページでは新製品情報が随時更新されていきます。このページをチェックしておけば、注目度の高い最新家電を把握できるというわけ。

08

製品ページには、『トリセツ』独自のオリジナル記事や、各メディアのレビュー記事がまとめてあるなど、製品情報がたっぷり。気になる家電が見つかった時は「気になる!」ボタンをタップ!

09

すると「気になる」タブにリスト化されるので、いつでも素早く製品情報を見返すことができます。「さて、何を買おうかな……」と、ここから情報を精査したら、いざ購入へ。

家電を買い替える時も大活躍

10

『トリセツ』が画期的なのは、製品を軸としたブックマークができる点です。欲しい家電をリスト化できるので、異なるメーカーの製品を簡単に比較でき、新旧モデルのスペック比較も簡単。家電の買い替えを検討する時、とても役立ちます。

12

「気になるモノ」に登録していた製品を購入したら、「買った!」ボタンをタップ。それらは「買ったモノ」タブに移動し、自分の家電ヒストリーに追加されます。

13

所有する家電リストが増えていくのはうれしいもの。取扱説明書をすぐに呼び出せる便利さはもちろんですが、こういったコレクション魂を刺激する仕様もニクイですね。

また、『トリセツ』は、製品の型番を入力するだけで登録でき、万が一所有製品がセンターに未登録の場合でも、オペレーターが調べて、無料で新たに製品情報を作成してくれます。こんなかゆいところに手が届く“神対応”も家電好きのハートを掴んでいる理由かもしれません。

製品情報が満載で、各製品の機能を簡単に比較でき、さらに自分の家電ヒストリーまで楽しめる『トリセツ』。まさに家電好きのためのアプリと言えそうですね。

ダウンロードはこちらから!
↑AppStoreもしくはGooglePlayに遷移します
バルミューダ「The Toaster」や「4Kレグザ」が当たるキャンペーン実施中!! ※3月31日まで

文/津田昌宏 撮影/湯浅立志(Y2)

関連サイト

『トリセツ』製品情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR