120インチ4Kが壁際からドーン! ソニーの超短焦点プロジェクター『VPL-VZ1000』

ソニーの映像技術が全部入ってそう。

ソニーは、超短焦点での投影が可能な4K&HDR対応ホームシアタープロジェクター『VPL-VZ1000』を4月22日に国内発売すると発表しました。

vplvw1000es_others_161101_011-Large

そもそも超短焦点での投影と聞くとイメージが湧きにくい方もいるかもしれませんが、本製品は壁のすぐそばに置けば上方に最大120インチのスクリーンを投影可能。多くのプロジェクターは、天井やテーブルなどスクリーンから離れた場所に設置する必要がありますが、『VPL-VZ1000』ならお部屋をすっきり美しくまとめることができるんです。もちろん、人が前を横切って影ができるなんてこともありません。

vplvz1000es_top_161215_01-Large

さらにレーザー光源(Z-Phosphor)の採用、2500ルーメンの高輝度により明るい部屋でも美しい映像が投射可能。Max出力で2万時間、Min出力でも4万時間と長期間利用できるのも特徴です。

20170316nsony5 20170316nsony6

本体サイズは横925.0×高さ218.5×奥行き493.8mm、重量は約35kgと、100インチクラスのテレビを設置するのに比べてもコンパクトにおさまります。

部屋の一部が映画館に早変わり

本製品の魅力は、やはりその設置方法。スクリーンから本体背面までの距離がたった16cm〜26cm(100〜120インチの場合)ですむため、吹き抜け天井や工事不可の物件など、プロジェクターの設置が難しかった家庭でも大画面投射が楽しめます。

vplvz1000es_appli_170110_05

テレビとは違い、使わないときは存在感を消せるのもプロジェクターの強み。写真のように収納式のスクリーンを使うのが窓際設置の理想的なスタイル。

テレビとは違い、使わないときは存在感を消せるのもプロジェクターの強み。写真のように収納式のスクリーンを使うのが窓際設置の理想的なスタイル。

最高の映像を実現するための、高画質技術

20170316nsony3

『VPL-VZ1000』にはソニーが誇る、さまざまな高画質技術が投入されています。0.74型の4K SXRDパネルの採用により、ネイティブな4K解像度ソースの描写が可能。またフルHD解像度映像でも、「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」により最適な4K映像へと変換して投射することができます。

20170316nsony2

20170316nsony4

本機のもう一つのウリは「HDR」。明暗や色のダイナミックレンジをより強調したこの映像方式で、撮影シーンが美しく部屋に蘇ります。なおスペック的には、4Kブルーレイディスク(Ultra HD Blu-ray)の「HDR10方式」と放送用の「HLG(Hybrid Log Gamma)」に対応済み。レーザー光源を利用した遅延のない調光機により、明暗の差が大きいHDR映像も美しく描き出します。

まさかの200万円超え。君は買うことができるか……

『VPL-VZ1000』は2017年4月22日に発売予定で、希望小売価格は220万円(税抜)。ソニーストアでは198万円(税抜)と、若干安くなります。そこそこのグレードの自動車が買えるほど高価な本製品ですが、4KとHDR、さらに超短焦点のコンビネーションが生み出す映像は一度この目で見てみたいですね。

文/塚本直樹

関連サイト

ソニー『VPL-VZ1000』製品情報
プレスリリース

関連記事

【レビュー】さっと置いて大画面、プロジェクター界の革命児ソニー『LSPX-P1』
音と映像が生活に溶け込む。「Life Space UX」で生活に潤いはいかが?
【レビュー】自走&トランスフォームが衝撃的! どこでも映せるプロジェクターロボット『Tipron』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

DIGIMONO!の最新情報をお届けします。

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

AUTHOR