ソニーHMD、ついに熟成期突入!『HMZ-T3/T3W』

テレビ&レコーダー担当の柳です。

この夏はガンダム担当からの猛プッシュもあって大注目だった『パシフィック・リム』。
“2Dと3Dのどっちで観た?” “字幕?吹き替え?” といった話題でかなり盛り上がった本作、
せっかくなので、断トツで評判の良かったIMAX 3D日本語吹替版を観に行ってきました。
01-74342 

人類の存亡をかけてカイジュウと戦うでっかいロボ……本当にいいものですね~。
そして玄田哲章さん、千葉繁さんら大ベテラン声優陣の名演!
バッチリ楽しませていただきました。

……とともに、
「整った環境で観る3Dはいいよな~、お祭りだよな~」という思いを新たにした次第です。

テレビなのか、プロジェクターなのか……
3Dシアターのあの興奮を自宅に再現できるもの、今こそ欲しいぞ! と思っていた矢先、
ソニーから来ました大本命!
02-6670f03-ea61d
ソニー
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3/T3W(ワイヤレス対応モデル)
予想実勢価格:8万円前後/10万円前後
11月中旬発売予定

まさかの2機種同時展開です!
一昨年に発売された初号機から数えて3年目。
ニッチな製品ながらも、絶大な支持を受けてついに3号機の登場となりました。

(ニュースリリース)
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201309/13-0903/

年々かゆいところに手が届く感じのマイナーチェンジを重ねているこの“HMZ”ですが、
3号機モデルでは何が変わったのか。

 ・映像のワイヤレス受信に対応!(『HMZ-T3W』のみ)
 ・画質がアップ!
 ・バーチャルサラウンド性能がアップ!
 ・装着性がアップ!
 ・バッテリーを搭載!

(つまり、ほぼ全部なんですけどね!)

どれも重要な性能が強化されている中、
僕がとにかく注目しているのは“着け心地と気軽さ”です。

「装着性がアップ!」ではどんなことが起きているかというと、
 ・額に固定するためのパッド面積を1.8倍に広げて安定感をアップ。
 ・後頭部側のヘッドバンドは、頭の形に合わせて角度調節が可能に。
 ・耳まわりのバンドを曲線状にし、ヘッドホンの取り付け自由度をアップ。
04-46272

(やっぱり、ほぼ全部といっていいな~。)

一度かる~く試用させてもらったのですが、
確かに装着感のグレードアップははっきりと感じられるレベル。
05-56c60
「ヒョイッ」と持ち上げ、「スポッ」とかぶって準備完了! というお手軽感覚です。

そして極め付けは、上位機のみの「映像のワイヤレス受信に対応!」。
ワイヤレスこそが正義!です。まさしく待望のバージョンアップですね。

06-9225b 07-1bc64
映像を出す機器側と接続する「プロセッサーユニット」(左)と
本体+バッテリーユニット(右)との接続がワイヤレスになります。

新モデルでは、ヘッドマウントディスプレイからバッテリーユニットがぶら下がる形になるので
フルワイヤレスというわけにはいきませんが、
「BDレコーダーとかゲーム機を置いてある場所から離れると使えない」
という束縛感からの解放はとってもうれしいところです。

08-73fef
相変わらず未来ガジェットすぎます。

今回は下位モデルで8万円前後、上位モデルで10万円前後と
価格的なハードルが高いのが悩みの種ですが……
プライベート3Dシアター環境として憧れ度もかなり高いです。
『パシフィック・リム』のBDが出た時は、ぜひこれで観たい!