新型『Nexus 7』を買ったので旧型と比べてみました

どうもー。PC/タブレット担当の小林です。前回に引き続き新型『Nexus 7』のお話です。
ようやく日本でも発売されましたね。前回、16GBのWi-Fiモデルは2万5000円と予想してましたが、実際は2万7800円でした。んー残念。それはさておき早速購入しました。ええ、発売日に。
これで6枚目の板(タブレット)ゲットです。ははは……。

ph01-0ccae

さて、前回はスペックのチェックをしたので、今回は旧型『Nexus 7』との比較をしてみたいと思いますよ。

まずは正面。画面サイズは同じですが、旧型と比べて新型は縦が長く、横が短くなっています。また、枠が黒色に変更されているので、スリムになった印象を受けます。

ph02-35e32

続いて横から見てみると、薄くなっているのがわかります。約1.9mmなので、大差ないように思うかもしれないですが、手に持ってみるとその薄さを実感できると思います。ちなみに約50g軽くなってます。

ph03-8da84

最後に裏側です。新型では、背面にカメラが付いたのが大きなポイント。そして、旧型の背面にあったドットのような加工はなくなっていますが、ラバー加工はそのままなので、滑ってしまうようなことはないでしょう。スピーカーがモノラルからステレオに進化しているのもうれしいポイントですね。あと、細かい部分ですが、ヘッドホン端子の位置が変更されています。

ph04-c8f94

もう一つ見逃せないのがQi準拠の無接点充電に対応した点です。手持ちの充電器で試してみたところバッチリ充電できてました。ケーブルを接続する手間がなく充電できるので、これは本当に便利です。

ph05-1f1b0   

というわけで、薄型軽量化された新型『Nexus 7』は、7型のAndroidタブレットとしてはかなりおすすめです。モバイル無線LANルータと組み合わせれば、持ち歩き用タブレットに最適。リモートデスクトップアプリと新型『Nexus 7』で、いつでもどこでも“艦これ”が捗るので、個人的には大満足です。

なお、外出先でも単体で通信したいという人は、LTE対応モデルが9月中旬に発売予定なので、もうちょっとの辛抱ですよ。