シャープの冷蔵庫SJ-GF60Yシリーズは「ココロエンジン」で「ココロ配り」。耐震機能もついてます!

朝晩すっかり涼しくなって、秋の気配がしますね~。
スマート家電とかHEMSとか、シロモノ家電を巡るネットワーク化が著しく、未来感にワクワクしちゃっております、シロモノ家電担当、宮川です。

そんな中、今日は画期的な機能を持った冷蔵庫をご紹介します。
シャープのSJ-GF60Yシリーズ。

0001-f8a5e1

カラーはレッド系とホワイト系の2色。

まず、この冷蔵庫、外気温の変化や庫内温度などを“人工知能”が
検知&判断して、プラズマクラスターイオンの放出をコントロールします。

しかも、シャープは、冷蔵庫にもココロエンジンを搭載。
家事をする我々を音声で励ましてくれたり、
便利機能なんかも説明してくれるそうなんです。

さらには、「耐震ロック」なる機能がついていて、
揺れを感知すると自動的にレバーが下りてドアをロック!
揺れが収まると自動的にレバーが上がって、
ロックが解除されるそうなんです。

震災時、庫内の食べ物が、揺れによってドア前へ移動することで、
重心が動き、転倒しやすくなるのを防止する効果もあるそう。
ちなみに、耐震ロックは、冷蔵庫のドアのみに付いています。
もし、地震の揺れで、野菜室、冷凍室の引き出しが飛び出しても、
それがストッパーになって、転倒を防ぐ設計になっているそうです。

耐震機能を標準装備した冷蔵庫の登場で、
今後も、新しい発想から生まれた機能が、
どんどん加わって行くかもれしれません。
日本人ならではの発想で家電が進化していくのを見守るのは、本当に面白いですね。