デジカメレビュー/フジフイルム渾身の高級コンパクト『FinePix X100』

FinePx_X100

フジフイルム『FinePix X100』は、シリーズの最上位に位置する高級コンパクトデジカメだ。プロや写真愛好家を主なターゲットにし、フイルムカメラの感覚で使える独自のデザインと操作系が特長になっている。

ボディは、「ライカ」などのレンジファインダーカメラを彷彿とさせるクラシックなデザインを採用。外装は、軽量で剛性感のあるマグネシウムダイキャスト製で、手に取ると、金属パーツがぎっしりと詰まったような凝縮感が伝わる。

最も注目したいのは「ハイブリッドビューファインダー」と呼ばれる新方式のファインダーを搭載したこと。外見からは一般的な光学ファインダーのように思えるが、実際にのぞくと、被写体は光学的な像として見られ、その上にスーパーインポーズとして、ブライトフレームやAFエリア、絞り、シャッター速度などの撮影情報が重なった状態で表示される。

そして、前面のレバーを倒すと、この光学ファインダーの表示が一瞬にして電子ビューファインダーの表示に切り替わる。また、光学ファインダーで撮影した直後には、アフタービューとして自動的に電子ビューファインダーの表示が見られる。どちらも表示は非常にクリアで、用途に応じて光学式と電子式を使い分けることができる。