マンション暮らしにベストなドラム式洗濯乾燥機/パナソニック『プチドラム NA-VD100L』

NA-VD100L
2003年にパナソニックが発売した“ななめドラム”『NA-V80』は、縦型式洗濯機が普及していた日本にドラム式洗濯乾燥機を広める大きなきっかけとなり、その節水性と乾燥能力の高さが注目され、多くの人がドラム式への買い換えに憧れた。だが、今だに多くのシェアを占めるのは縦型式。設置スペースが限られることから本体サイズがまず大きなネックとなり、さらに高価格であることがドラム式の普及を足踏みさせている。

そこで同社では、それらの問題を考慮したプチドラム『NA-VD100L』を開発。全構造を見直したことで、6㎏洗濯・3㎏乾燥という容量でありながら、幅・奥行きともに約60㎝というコンパクト化を実現した。さらにドラム式の洗浄・乾燥の要であるドラムの直径は、レギュラーモデル(9㎏洗濯・6㎏乾燥)と同等とするなど、仕上がりにも妥協はない。

同社の上位機種に搭載される、水で洗えない衣類をリフレッシュできる「ナノイー」や洗濯物にあわせて自動でエコ運転する「エコナビ」は搭載されていないが、ドラム式の魅力である“やさしい洗い”“ムラのない乾燥”“高い節水性”は完備。これまでドラム式を諦めていた少人数世帯には、まさに最適サイズ&能力の一台と呼べる。