WVGA液晶搭載の新生ゴリラ『CN-GP710VD』レビュー

CN-GP710VD

PNDナンバーワンブランド「ゴリラ」。そのメーカーである三洋電機がパナソニックの子会社となり、この夏新たに誕生したのが新生『パナソニックゴリラ』。その新生ゴリラのフラッグシップ機が16GBの大容量メモリを内蔵の『CN-GP710VD』である。
従来の「ゴリラ」にはない7型の高精細なワイドVGA液晶搭載が大きな特長だ。また地図などもこの新型液晶にあわせて高精細なものとなり、また地図の差分更新にも対応。3年分の無料地図更新も可能というのもうれしいポイントだ。
メニューのデザインなどは一新されているが快適な操作性、高速なスクロール、精度の高さなど従来からの「ゴリラ」の美点はそのまま引き継がれている。さらにパナソニックらしく、高感度のワンセグチューナーや「ディーガ」や「ビエラ」の録画番組持ち出しに対応するなどA&V面の充実度も見逃せない。両メーカーの力が見事発揮された一台に仕上がっている。