スマートフォンレビュー/「iida」ブランド初のスマフォ『INFOBAR A01』

infobar_a01

2003年に「au design project」の第1弾として登場し、大きな反響を呼んだ名機『INFOBAR』。そのデザインコンセプトを受け継いだAndroidスマートフォン『INFOBAR A01』が登場した。プロダクトデザインは初代と同じく世界的な著名デザイナーの深澤直人が担当しており、丸みのある柔らかなフォルムとポップなカラーリングのタイルキーが最大の特長となっている。
最新鋭機種にふさわしく性能面も充実しており、本体には約805万画素のCMOSカメラや1.4GHzの高速プロセッサ、ワンセグ、おサイフケータイ機能などを搭載する。液晶は3.7型と若干小さめだが、その分女性の手にもフィットする絶妙なサイズ感を実現している。なお、UIはアイコンやウィジェットがタイル状に並んだ独自の「iida UI」を採用しており、外見だけでなくソフト面においても「INFOBAR」の世界観を具現した仕上がりになっている。