携帯電話レビュー/Windows 7 OSを搭載したフィーチャーフォン『F-07C』

F-07C

NTTドコモから、iモードケータイとしてもWindowsパソコンとしても使えるデュアルOS搭載端末『F-07C」』が登場した。パソコン向けのWindows 7が動くのが最大の特長で、まさに「手の平サイズのパソコン」を実現している。
本体にはスライド式のQWERTYキーボードが搭載されており素早く文章を入力することが可能。またトラックボールや左クリックボタンなども装備されており、細かいカーソル移動もスムーズに行なえる。さらには1024×600ドットのタッチパネル式液晶も搭載しており直感的な操作ができる。ちなみに、ケータイモードとWindows 7モードの切り替えは本体サイドの専用ボタンを押すだけと簡単設計で、Windows操作中に着信した場合は自動でケータイモードに切り替わる。
このほか、510万画素のカメラやおサイフケータイなど、携帯電話そのものとしての機能も一通り備えており、1つの新しいジャンルとして今後、広がりを見せる可能性は高い。