デジカメレビュー/さらに薄くなった『サイバーショット DSC-TX55』

DSC_TX55

ソニー「サイバーショット T」シリーズの新作として『DSC-TX55』が登場。同シリーズはそもそも薄くて軽いボディが魅力だったが、本機では、記録メディアをより小さなmicroSDHC/SDカードやメモリースティックマイクロに変更することで、さらなる薄型軽量化を実現。光学式手ぶれ補正機構を内蔵した光学5倍ズーム機では世界最薄を達成した。

レンズには屈曲光学系を採用したカールツァイスレンズを搭載する。光学ズームの倍率は5倍(35mmフイルム換算の焦点距離26~130mm相当)だが、独自の画像処理「全画素超解像技術」によって高精細な10倍ズームを可能にしている。

さらに、シリーズで初となる約0.1秒の「高速AF」や、動画撮影時の手ぶれ補正機構「アクティブモード」なども見どころと言える。薄型ボディでありながら、動画はAVCHDのフルHD記録をサポートする。