パソコンレビュー/PC担当ムラカナがチェック! 開いてすぐ使える極薄パソコン『Aspire S S3-951-F74U』

Aspire_S_S3-951-F74U
『Aspire S S3-951-F74U』

■薄型・軽量の新しいノートパソコン「Ultrabook?」

エイサーから新ジャンル「Ultrabook?」のノートパソコン「Aspier S」シリーズ(13.3型)が登場しました。256GBのSSD搭載で超低電圧版CPUの『第2世代インテルR Core? i7-2637Mプロセッサー(1.7GHz)』を採用した上位モデル『Aspire S S3-951-F74U』と、320GBのHDDで超低電圧版CPU『第2世代インテルR Core? i3-2367M(1.4GHz)プロセッサー』の下位モデル『Aspire S S3-951-F34C』の2モデルをラインナップ。『S3-951-F74U』が12月中旬に発売予定で、『S3-951-F34C』が11月10日に発売しています。

さて、いきなり出てきた「Ultrabook?」という言葉。これは何か? というと、「薄型のデザインに高い応答性を兼ね備えた究極のパーソナル・コンピューター」とインテルが位置づけた新ジャンルのパソコンこと。本体の高さが最大約21mm以下という薄型であるほか、CPUに、動画性能が高い第2世代インテルR Core? プロセッサー・ファミリー(CPUの型番が4ケタのもの)を採用しているため、Web動画の鑑賞も良好に行なえます。また、「Ultrabook?」は、スリープや休止状態からの復帰が早いことも特長で、スマートフォンやタブレットに近いパソコンであるのですね。

今回はデジモノステーションのPC担当ムラカナこと村田奏子が、発売に先駆けて、SSDモデルの『Aspire S S3-951-F74U』をさっそくチェックしてみます。