レコーダーレビュー/“全録”が切り拓くレコーダーの未来 東芝『REGZAブルーレイ DBR-M190』

DBR-M190

昨年末、満を持して登場した東芝の「REGZAブルーレイ」フラッグシップモデル“REGZAサーバー”。その最大の特長は“全録”機能にある。同社が録画テレビで培ってきた「レグザエンジンCEVO」を搭載し、地デジ6チャンネル、最大15日分の番組を常に録り続ける「タイムシフトマシン」。この機能こそが、同モデルを唯一無二の存在たらしめている。
さらにタブレットやスマートフォンとの連携機能「レグザリンク・シェア」により、別室や外出先でも録画番組を視聴することが可能。観たい番組を、観たい時に、観たい場所で――。既成概念を根底から覆す、新時代の視聴スタイルを実現している。
もちろんUSB HDD増設などのトレンド機能も確保。HDD 2.5TBの廉価モデル『DBR-M180』も用意されているので、ニーズに応じて選びたい。未来は十分、手の届くところにある。