ミラーレス一眼初の防塵・防滴構造を採用したオリンパス『OLYMPUS OM-D E-M5』

OLYMPUS_OM-D_E-M5

オリンパスからマイクロフォーサーズ機の新ブランド第一弾として『OLYMPUS OM-D E-M5』が登場した。まず目を引くのは、従来の「OLYMPUS PEN」シリーズとは大きく異なる、銀塩一眼レフ風のボディだ。このデザインは1970~90年代に発売された同社のフイルムカメラ「OM」シリーズから継承したもの。オールドカメラファンの中には、懐かしさを感じる人も少なくないだろう。ペンタ部にあたる部分には電子ビューファインダー(EVF)を搭載している。外装は高品位なマグネシウム合金製。本体色はシルバーとブラックの2色が用意される。

ボディのサイズと重量は、「OLYMPUS PEN」シリーズに比べるとやや大きく重くなっているが、それでもEVFを標準搭載したミラーレス機としては小型軽量の部類だ。しかも、キットレンズやアクセサリー類を含め、システム全体が防塵・防滴に対応。雨天などの悪条件でも使える安心感がある。

背面モニタには、3.0型という大画面の有機ELを搭載。上向きに80度、下向きに50度の範囲で可動するチルト式で、ローアングルやハイアングルからの撮影が楽に行なえる。精細感は高く、暗所でも明所でもまずまずの視認性がある。

有機ELモニタの上に搭載される、EVFは144万ドットの液晶。こちらも十分な見やすさがあり、ボディをしっかりと支えて撮影したい場合に重宝する。有機ELモニタと電子ビューファインダーの切り替えは、アイセンサーによる自動またはボタンによる手動で行なえる。