9V型大画面を採用し、iPhone&DS連携機能も搭載したイクリプス『AVN-ZX02i』

AVN-ZX02i

業界最大級の9V型大画面液晶を搭載し、登場したのがイクリプスの『AVN-ZX02i』。通常の7V型液晶の約1.8倍もの表示面積を持つ大型モニタを採用するが、専用の取付キットによって3車種への取り付けを実現している。装着キットはトヨタ『プリウス』『アルファード/ヴェルファイア』、ホンダ『フィット』シリーズに対応。今後はトヨタ『アクア』『プリウスα』『ノア』『ヴォクシー』、ホンダ『ステップワゴン』など対応車種も追加される予定だ。
また、人気のゲーム機『ニンテンドーDS』シリーズや「iPhone」との連携機能も搭載。『DS』からナビをリモート操作したり、観光クイズなどを家族全員で楽しむことができる。「iPhone」のカメラを使って実写映像をナビに取り込んで表示するアプリもリリースしている。
イクリプスのナビの伝統であるわかりやすい表示や操作性などが踏襲されるのは言うまでもない。該当車種のオーナーで、家族でドライブする機会の多いユーザーには非常に魅力的なモデルに仕上がっている。

■ナビ機能
9V型のモニタは地図の視認性が高く、フリックやドラッグの操作にも対応しているので非常に使いやすい。地図の配色なども好みに設定することができる。16GBのメモリに収録される地図の情報も充実しており、大きなビルのフロア情報なども確認可能だ。

▼タッチパネルはスマホのようなフリック、ドラッグ操作にも対応。前モデルに比べ感度も上がっており、操作感は良好だ。
2

▼建物の形もわかる詳細市街地図を収録。細街路でも音声案内が利用できるのも便利だ。
3

▼大きなビルはフロア情報も収録する。イクリプスのナビ伝統の機能だ。
4

▼利用する高速道路の出口や入口インターチェンジ、通過する道路などを指定することも可能。
5

■エンタメ機能
地図を収録した16GBのSDのほかに、エンタメ専用のSDスロットに4GBのSDが付属。デジカメで撮影した写真などを楽しめる「デジタルフォトフレーム」機能などを搭載する。しかし、最大の注目点は『ニンテンドーDS』との連携機能。「クルマでDS」というソフトが付属し、Bluetoothでナビと接続して『DS』をリモコンとしても使える。観光情報を収録したご当地クイズなども家族で楽しめる。

▼『DS』をリモコンとして使い、目的地や周辺の検索が可能。手書き文字入力にも対応しており、ナビの操作に慣れない家族でも迷わず操作できる。
6

▼目的地に着いたら、周辺地図をナビから『DS』に転送しておき、クルマから降りてからも確認することができる。
7

▼走行中のエリアに合わせてご当地クイズが出題される。クイズはクルマのスピーカーから音声で流れ、家族で楽しめる。
8

■iPhone連携機能
昨年のモデルから、いち早く「iPhone」との連携に対応していたイクリプス。既に3つの対応アプリをリリースしていたが、新たに2つのアプリを追加した。新アプリの『Driview』はクレードルに固定した「iPhone」のカメラで前方の風景を撮影し、ナビの画面に転送できるもの。画面上に方向矢印などの表示も可能だ。もう1つの『リモトーク』は音声メッセージを登録しておき、気になる場所の情報を現地の人から音声でコメントしてもらえるというアプリだ。

▼ケーブルで接続した「iPhone」で前方の風景を撮影。映像は思った以上に鮮明で、手軽にARナビ気分が味わえる。
9

▼音声でメッセージを登録し、その場にいる人の声を聞ける『リモトーク』アプリ。
10

■まとめ
9V型の大画面は迫力満点で視認性も高い。面積が広いため、画面上のボタンの押し間違いも少なくなるなどメリットは大きく、一度経験してしまうと7V型には戻れないと思ってしまうほどだ。『DS』との連携も、予想以上に使いやすく、リモコンとしての使い勝手も優れている。対応車種オーナーであれば、購入を前向きに検討するに値するモデルだ。

【SPEC】

サイズ:W223×H138.5×D168.3mm 重量:3kg(本体のみ) 画面:9V型ワイドTFT液晶(WVGA、LEDバックライト) 内蔵メモリ:16GB SD 再生可能メディア:TV(12セグ/ワンセグ)、DVD、CD、USB、SD、iPod/iPhone、FM/AM 検索データ:住所約3900万件、電話番号約2000万件(個人宅)、約900万件(タウンページ)、郵便番号検索50万件 その他機能:FM多重VICS対応、5ルート同時探索対応、スマートIC考慮探索対応、乗降IC指定対応など