デジカメレビュー/明るいレンズ搭載の防水機オリンパス『OLYMPUS Tough TG-1』

OLYMPUS_Tough_TG-1

防水や耐衝撃性能を備えたコンパクトデジカメ「OLYMPUS Tough」シリーズのフラッグシップモデルとして『OLYMPUS Tough TG-1』が新登場した。従来の最上位製品『TG-820』から防水性能をさらに強化したほか、GPSや電子コンパスを搭載し、アウトドアユースに最適なモデルに仕上がっている。

ボディは、レンズをほぼ中央に配置した端正なデザインを採用する。適度な厚みがあり、両手を使ってしっかりとホールドできるスタイルだ。外装は、ポリカーボネイト樹脂と金属フレームで構成される。各所にシーリング処理を施した上で、レンズやモニタに撥水コートを加えたり、電池室や端子カバーをダブルロック機構で密閉することで、防水・防塵を実現している。

防水性能はJIS/IEC保護等級8級相当に、防塵性能はJIS/IEC保護等級6級相当にそれぞれ対応する。従来機の『TG-820』では水深10mの水中撮影が可能だったが、本モデルでは水深12mに拡張された。さらに、2mの耐衝撃性能と100kgfの耐荷重性能、ー10度の耐低温性能も備える。天候や場所を問わず、あらゆるシーンで活躍する撮影領域の広さこそが本モデルの最大の魅力である。

■基本性能
天面の電源ボタンを押すと約1秒以下ですばやく起動し、有機ELモニタが表示する。レンズには光を折り曲げる屈曲光学系を採用しているので、起動してもレンズ部はせり出さず、撮影時の取り回しは良好だ。

▼レンズをボディの端に配置した従来機のデザインとは異なり、中央に位置するため指が写り込む失敗が少ない。
2

▼3.0型約61万ドットの有機ELモニタを搭載。「TG」シリーズで有機ELモニタを採用するのは初めてであり、鮮やかな色再現性と高コントラストな表示を実現している。
3

▼有機ELモニタには「反射を抑える特殊コート」と「水を弾く撥水コート」を採用。屋外でも安心して使用できる。
4

▼ボディ内に3軸加速度センサーを搭載。本体を軽く叩くことで、撮影画像の再生など各種の操作が行なえる。屋外でグローブを付けている時などに役立つ機能だ。
5

■撮影機能
レンズには、35ミリ換算で25~100mm相当の焦点距離を持つ光学4倍ズームを搭載する。これまでのシリーズと同じく、光軸折り曲げ式のズームレンズであり、起動やズームをしてもレンズ部はせり出さない。ワイド側の開放値は、折り曲げ式ズームでは最も明るいF2.0を実現。薄暗いシーンでも感度をあまり高めずに撮影できる。

▼中央に配置されたF2.0のレンズ。大偏肉両面非球面レンズを始め、高度な光学技術が採用される。
6

最短撮影距離は、マクロモード使用時にワイド側15cm、テレ側10cmに対応。スーパーマクロモードを選んだ場合は、最短1cmの超接写も行なえる。マクロ撮影では、ボディ前面のLEDを照明として利用することが可能だ。

撮像素子には1/2.3型1200万画素の裏面照射型CMOSセンサーを、画像処理エンジンには「TruePic VI」を搭載する。感度は、ISO100からISO6400に対応。感度を高めるほど画質が劣化するが、独自のノイズリダクションによってISO800くらいなら、あまり汚いという印象にはならない。このセンサーサイズの製品としては画質は良好と言える。

▼光の入りにくい水中でも撮影を行なったが、水の中にも関わらず、明るくクリアな写真が撮影できた。
7

■画質チェック

(人物)
▼裏面照射型CMOSセンサーと画像処理エンジン「TruePic VI」、F2.0のハイスピードレンズの3者が組み合わさることで、クリアで見栄えの良い発色を実現。肌のトーン再現もきれいだ。
8

(風景)
▼撮像素子は有効1200万画素の1/2.3型CMOSセンサーを搭載。撮像素子のサイズが小さいので、細部解像力はそれなりだが、A4までの印刷用途には十分だろう。鮮やかな発色も好印象だ。
9

■アウトドア機能
撮影中のモニタには、緯度経度の情報のほか、195の国や地域での、約70万件のランドマークを自動で表示・記録できる。また「A-GPS」に対応し、アシストデータをPC経由で取得することで、位置情報の取得時間を短縮できる点も見逃せない。

▼GPSアンテナを内蔵し、一定間隔で取得した測位情報を記録する「GPSロガー」にも対応。記録した測位情報はGoogle Earthなどで表示できる。
10

▼電源OFF時の際に背面ボタンを押すことで、電子コンパスだけを起動することができる。
11

■まとめ
機能面での見どころは、GPSを搭載し、緯度経度情報に加えてランドマーク表示に対応したこと。現在地の付近にある山や建物、景勝地の名称を背面モニタ上に表示でき、撮影と同時にメタデータとして画像に書き込める。そして、位置情報が記録された画像を、付属ソフト「ib」などに読み込めば、撮影ポイントを地図上に表示できる。また、ロガー機能をオンにした場合は、撮影画像とは別に、カメラを持って移動した経路のトラックログをファイルとして保存できる。

さらに、気圧や水圧、標高、水深を表示する圧力センサー機能や、方位を表示する電子コンパス機能も搭載する。操作面では、従来モデルから継承したタップコントロールが便利だ。これは、カメラを軽くたたくことで、各種のモードを設定したり、画像のコマ送りを行なえる仕掛け。手袋をしていて、ボタンが操作しにくいときなどに役立つ。

ユニークな撮影機能としては、エフェクトを加えるマジックフィルターや、人肌を美しく補正するメイクアップ機能を搭載。高速連写を実現するスーパースポーツモードや、3Dフォト撮影機能も備える。

このように『OLYMPUS Tough TG-1』は、タフネス性能からGPS機能、エフェクト機能まで充実した内容が薄型ボディに詰まっている。25~100mm相当という使いやすいズーム域をカバーすることや、オプションのコンバーターレンズに対応する点もありがたい。高機能なタフネスコンパクトを求める人におすすめできるカメラだ。

【SPEC】
サイズ:W111.5×H66.5×D29.1㎜ 重量:230g 撮像素子:1/2.3型裏面照射型CMOS 有効画素数:1200万画素 モニタ:3.0型有機EL(約61万ドット) 光学ズーム:4倍 焦点距離(35㎜フイルム換算値):25~100㎜相当 手ぶれ補正機構:センサーシフト式 動画:フルHD(映像:H.264/MPEG-4、音声:ステレオリニアPCM) 最高感度:ISO6400 記録媒体:SDXC、SDHC、SDメモリーカード 内蔵メモリ:7.9MB ボディカラー:シルバー

文・撮影/永山昌克 撮影/増原秀樹