一眼カメラレビュー/タッチパネルを採用し、AF性能を向上させたキヤノン『EOS Kiss X6i』

EOS_Kiss_X6i

キヤノン『EOS Kiss X6i』は、「Kiss」シリーズ10代目となる入門者向けのデジタル一眼レフ機だ。昨年発売の先代モデル『EOS Kiss X5』の基本デザインを受け継ぎながら、ライブビューや動画撮影時のAF性能を改良したほか、液晶のタッチパネル化や連写の高速化を実現している。

ボディは、従来機『EOS Kiss X5』と同じくフルブラックの樹脂外装を採用する。前モデル『EOS Kiss X5』と比べた場合、全体のシルエットラインがやや変更され、ボタンやグリップの形、内蔵マイクの位置なども改良されている。サイズはほぼ同じで、本体重量は515gから520gへとわずかに重くなった。

最大の見どころは、「EOS」シリーズでは初となる「ハイブリッドCMOS AF」を搭載したこと。これは、ライブビューや動画撮影の際に、撮像面に組み込まれた位相差AF用の画素によって、まずおおまかな測距をすばやく行ない、その後コントラストAFによって正確にピントを合わせる仕組みだ。

フォーカス機構にSTM(ステッピングモーター)を採用した新レンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」や「EF 40mm F2.8 STM」を使った場合は、ほぼ無音でスピーディに作動するAFを体験できる。