ミラーレスカメラレビュー/コンパクトボディに“EOS”の性能を凝縮したキヤノン『EOS M』

1
キヤノンがリリースした同社初のミラーレス機。有効1800万画素のCMOSセンサーや最高感度ISO25600、タッチパネル式の3.0型液晶モニタ、ハイブリッドCMOS AFといった主要なスペックは、一眼レフ機『EOS Kiss X6i』から継承したもの。その上で、ミラーボックスやファインダー、ストロボを省くことで大幅な小型軽量化を実現。気軽に持ち運びなら、大型センサーならではの高画質や高感度、ボケ味を楽しめるカメラに仕上がっている。
カラーバリエーションは、色だけでなく、輝きや手触りも異なるブラック/シルバー/ホワイト/レッドの4種類を用意。同じく4種類あるオプションのジャケットやストラップとのコーディネートを楽しむのもいいだろう。