7型タブレットの決定版!? 大型で美しい有機ELディスプレイを搭載/NTTドコモ・サムスン製『GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E』

sc-01e

ここ最近、7型クラスのタブレットが急速に注目を集めつつある。画面サイズと本体質量のバランスが絶妙で、持ち歩いて利用しやすいというのが理由の一つだ。例えば、9型クラスの端末だと通勤電車のような混み合う場所で取り出すのはちょっと気が引けるが、7型ならスマートフォンの延長的な気軽さで利用することができる。それでいて画面は大きく、Webやメールの閲覧はもちろん、電子書籍を読んだり動画を鑑賞したりするのにもちょうどいいサイズ。まさに、デジタルコンテンツをアクティブに楽しむ人のための最適解と言っても過言ではないアイテムなのである。

こうした7型タブレットの可能性に目を付けて、早い段階から製品を展開してきたのがサムスンだ。その最新モデルとなるのが、NTTドコモから発売された『GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E』である。

本体サイズはW133×H197×D7.9mmで、重さは約344g。この薄型軽量ボディに、タブレットおよびスマートフォンとしては発表時で世界最大となる7.7型、800×1280ドットの有機ELディスプレイを搭載している。さらに、有効310万画素の外側カメラと190万画素の内側カメラを内蔵。ワンセグやNOTTVといった日本国内向けサービスにもしっかり対応している。