カーナビレビュー/斬新なインターフェイスを採用したカロッツェリア『楽ナビ AVIC-MRZ009』

1

累計出荷台数で300万台を突破するというカーナビの大ヒットブランド、カロッツェリアの「楽ナビ」シリーズの最新モデルが『AVIC-MRZ009』。今期より「HDD楽ナビ」が廃止され、「楽ナビLlite」、「エアーナビ」が統合された最初のモデルとなる。手を近付けたり振るだけでナビの操作ができる革新的な「エアージェスチャー」機能を搭載し、優れた操作性と7V型画面を有効に使った地図表示による視認性の高さを両立している。

搭載するメモリの容量は16GBとクラストップレベルでここに独自の「Lフォーマット」で圧縮された、時刻や季節などに応じた渋滞予測データなど多彩な情報を収録。別売の通信モジュールの接続で得られるスマートループ渋滞情報は昨年モデルの約33万kmから約70万kmとカバーする道路を拡大し、より効率的で目的地に早く着けるルートを探索できる。