デジタルカメラレビュー/伝統的なカメラスタイルに最新技術を満載した贅沢な逸品『FUJIFILM X100S』

01

フジフイルムの『FUJIFILM X100S』は、2011年発売の『FinePix X100』の後継となる高級コンパクトデジタルカメラだ。フイルムカメラを彷彿とさせるクラシカルなデザインを受け継ぎながら、内部の撮像素子と画像処理エンジンを一新している。

最大の注目点は、同社のミラーレスカメラである『X-Pro1』や『X-E1』で培った「X-Trans CMOS」技術を採用したこと。これは、撮像素子内にあるカラーフィルターに、独自の配列を取り入れることで、他の一般的なデジカメでは欠かせなかったローパスフィルターを省く技術だ。これによって、モアレや偽色を抑えながらも、レンズの光学性能をフルに引き出している。そもそも『X100』はセンサーサイズが大きい上に、レンズ性能に徹底してこだわって設計されたカメラだったが、それがセンサー技術の改良によって、さらに高画質化したのだ。